マクロビオティックとの出合い (5)   

半年間の漢方生活は私のこれまでの生活を見直す
本当に良い期間でした。

ところで漢方の病院では漢方薬を処方すると共に、
他にもいろいろなアドバイスをしてくれました。

まず、初診でわかった私のゆがんだ骨盤を治すために、
通院のたびにリハビリという名の整体のようなもの(?)を受けました。

診察室の隣の部屋にリハビリ担当の別の先生が控えており、
私の場合は約10分くらい毎回腰の辺りを整えていただきました。

自分の骨盤がゆがんでいることにも気が付かなかった私ですから、
最初はほんとにゆがんでいるの?と思っていましたが、
リハビリが終わってみると、腰が軽いこと!そしてとっても歩きやすい!
今まで私は一体どんな歩き方をしてきたのでしょう。。。
それからいろんな動作をしてみましたが、とっても楽。
きっとこれまで、ゆがんだ骨盤をかばった動きをしていたのでしょうね。

リハビリを続けるうち、私の脚の長さも同じになってきました。

そのことを報告すると、いつものお医者さまは、
いったんゆがんでしまうと、癖がついてしまうのだという話をしてくれました。

せっかく楽になったのに、元に戻ったら困りますので
どういう姿勢がゆがみやすいのか、具体的に聞いてみました。

すると、脚を組むこと、だそうです。
特に、脚を組んで椅子の背もたれにずるっと寄りかかる姿勢、
これが一番いけないとのこと。
でもこういう姿勢の人、電車の中とかでよく見かけませんか??
私はそういった人を見かけるたびに、あーこれかと自身の姿勢を正しています。

私は今でも時々脚を組んでしまうことがありますが、
しばらくすると腰の辺りがおかしくなり、あ、骨盤がずれたな、とわかるようになりました。
そしてリハビリで受けた整体を自分なりにしてみて、元に戻すようにしています。

姿勢ってほんとに大事なのですね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-21 03:47 | macrobiotic

<< マクロビオティックとの出合い (6) マクロビオティックとの出合い (4) >>