Uptown Whole Foods   

f0134855_3314966.jpgManaに引き続き
「私のNYでの生きる希望」シリーズ第二段(笑)。

今や私の台所と化しているスーパー
Gary Null's Uptown Whole Foodsです。


Whole FoodsというとTime Warnerやマンハッタン各所にある
Whole Foodsを思い浮かべる方が多いと思いますが、ここはそれとは別物。
名前の通りGary NullさんのWhole Foodsです。

Gary Nullさん、本屋のhearthコーナーに行くと著書がずらりと並んでます。
マクロというよりもベジ寄りな考えの持ち主のようで、
エクササイズや栄養指導、そしてNYでラジオ番組も持っているらしいです。
その考えが反映されていて、このスーパーにはお肉、魚はありません。
(卵、牛乳など乳製品はある)

マクロな食材はほぼ揃います。
野菜はとても新鮮で、他ではなかなか見つけられないごぼうと大根があるのがgood!
他にも、あらめ・ひじきなど海藻たち、玄米・もち玄米・雑穀などの穀物たち、
全粒粉や玄米粉など粉類も豊富。もちろんテンペ・豆腐、梅酢も!
デリコーナーではホカホカの玄米ごはんが炊き上がり、
自然派コスメや洗剤も常備。(焼きたてパンがないのが残念)
私にとっては夢のような空間なのです。

そして何よりも気に入っているのが、明るいお店の雰囲気と店員の態度と元気の良さ。
レジに並んでいると「Next!」と呼ばれます。
ごぼうやだいこんをせっせと買っている私のような客が珍しいのか
「大根はどうやって調理するの?」とか
「君はごぼうを調理できるの?」など良く聞かれます。
(ごぼうや大根はこちらではあまりポピュラーな食材ではないらしい)

他のお店で買い物をしたこともありますが、
私、何か悪いことをしたんだろうかと思えるくらい無愛想。

Whole Foodsの食材はorganicなので多少高めではあるものの、
元気いっぱいの店員さんを見ると、また来よう、と思ってしまいます。

ところで、実は私、このお店をNYに来る前から知っていました。

NYへ出発する日、母が飛行機の長旅の間に読んだらと『ビオ』を買ってくれたのでした。

その中にアメリカのマクロライフについての記事があり、
Whole Foodsの写真と記述がちらりと出ているのです。
「このお店が近くにあったらいいな」と思い、NYに到着してみると
なんと近所に発見。きっと私はこの土地に呼ばれていたんでしょうか。

私のマクロライフを支えてくれるお気に入りのお店です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-27 04:07 | shop

<< NY食事情 Mana >>