はじめてのマクロビ教室 organic base   

漢方からマクロビオティックを知って、
「これ、私もやってみたーい」と、さっそくレシピ本を買って調理するものの
最初の頃は「この味付けでほんとに合っているんだろうか」と疑問に思いました。
料理だけでなく、その背景にある理論も知りたいし。。。
ちょうど今から2年前位のことでした。

そこでさっそく料理教室を探してみましたが、
時すでに遅しで、どこの教室も定員いっぱい、予約を締め切った直後。
私が知ったのが遅いだけで、すでにこんなに人気なんだとびっくりしたものです。

そんなわけで、最初に通ったのは
職場から近いデパートで開かれていたカルチャーセンターでのマクロビ教室。
カルチャーセンターということもあり、きっちり調理&理論を学ぶというわけには
いきませんでしたが、本物のおいしい調味料を味見させてもらったり、
同じように食に関心の高い人たちの話を聞いたりできたのが良かったですね。
マクロビってこんなにおいしい料理なんだあ、と毎回楽しく通っていました。

それと並行して、organic baseのone day lessenに参加したりもしました。
こちらの教室、マクロビをご存知の方なら、おわかりですよね。
先日紹介した『Organic Baseマクロビオティックと暮らす』の著者、
奥津典子さんの主宰する、家庭的でとっても温かな雰囲気の教室です。

私が参加した回は、たまたま奥津さんが講師でとっても感激したものです。
調理や細かな説明はとても丁寧でわかりやすいものでした。
でも講義や実習の内容以上に印象深かったのが、
実習でつくった料理を食べるときの奥津さんの食べ方。

食べ物を一口口に入れ、箸を置いて、そこからゆっくりと噛むのです。
噛むのは大事と聞いていたけど、ははあ、こうして食事というものはするものなのか~と
とても感銘を受けました。
私にとっては料理教室に行ったというよりも、
奥津さんのマクロに対する姿勢を学びに行った、という方が正しいくらい。
こちらには一度しか行っていませんが、
マクロビを意識し始めた私にはとても印象深い体験で、今でもよく思い出します。

教室は吉祥寺にあります。
最近カフェもオープンしたそうなので、帰国したら行ってみたいところの一つです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-30 04:11 | macrobiotic

<< クシマクロビオティックアカデミイ そば粉クッキー >>