野菜と玄米   

f0134855_3441799.jpg今日はちょっとハレの日用の
マクロメニューがいいな、とか
目先の変わった物が食べたい時に
登場するのがこの本。
野菜と玄米』(月森紀子・講談社)。



炊き込みご飯やおにぎりなどの和風から
ドリア、リゾット、ハンバーグ、豆腐のキッシュ、パスタ料理などの洋風、
そして作りやすい小さなおかずも載っています。
マクロの基本食でちょっと地味になりがちな食卓を
時々華やかにしてくれます。

ただ、この本のレシピの料理は
味はしっかりしていておいしいのですが
てんさい糖やみりんがよく使用されています。

糖分としては白砂糖よりは良いのでしょうが、
治病中の方や、マクロ歴が長い方には味が濃く感じられるかもしれません。
私はしばらくこれらの調味料は控えたいので
省略するか、少なめにするようにしています。

味がはっきりしていて、一見マクロ風でない料理もたくさん載っているので
お客様が来たときにも重宝する本だと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2007-04-17 03:47 | book

<< 体の変化 切干大根と水菜のサラダ >>