焼餃子   

f0134855_418988.jpg

久々、餃子を作りました。
皮から手作り。時間は多少かかりますが、楽しい作業なのです。

以前勤めていた職場の同期に中国の方がいて、
同期みんなでその方の家に押しかけて、餃子作りをしたことがありました。
体中粉だらけになって作ったけど、楽しかったし、おいしかったな。
その時は、その中国人の同期が皮の生地や中身の具を用意しておいてくれ、
押しかけた私たちはせっせと生地を伸ばして包んだのでした。
出来上がった餃子を水餃子にして、それはそれはたらふく食べました。

NYに来て餃子の皮が意外に高い(それに私がケチ)なので、
みんなで餃子作りをした時のことを思い出し、最近はもっぱら皮から作ってます。

中国の粉料理では、シューマイ、ワンタンも作ってみました。
(今度作ったらアップします。)次は春巻きの皮にチャレンジだ。

段々と作り慣れてきたのか、今回主人からは
「市販の皮みたいでおいしいよ」とのお言葉が。
いつか市販の皮を超えてみせます^^

中身はいつもはテンペや畑の肉(グルテンバーガー)を使いますが
今日はmilletとキャベツとねぎ。
にらがなかったのでねぎにしましたが、ちょっと失敗。辛味が出ました。
やはり餃子にはにらが一番ですね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-04-18 04:38 | meal

<< Tea & Sympathy こころの変化 >>