コーヒーについて   

前記事で穀物コーヒーが出てきましたが、
マクロビオティックをあまりご存知でない方には
馴染みの薄い食品かもしれませんね。

穀物コーヒーはその名のとおり、穀物を原料としているコーヒー。

f0134855_11234813.jpg←我が家に常備してある穀物コーヒーはこれ。

原材料を見ると、
「煎大麦、煎ライ麦、
煎チコリーの根、煎てん菜の根」
となっています。

マクロビオティックでは、
通常のコーヒーは刺激が強いため
(→陰性が強いと考えます)、
避ける・なるべく避ける食品としています。


カフェインについての話はみなさんご存知かと思います。
コーヒーのカフェインが強すぎて、
夜眠れなくなった経験がある方もいることでしょう。
カフェインの体への影響ってすごく大きいんです。

では、デカフェのコーヒーはどうかというと、
これも完全にカフェインフリーではなく、微量のカフェインが含まれています。
外で他に選択肢がない場合、私も時々デカフェを飲みますが、
今の私の体にはちょっときつく感じます。
(通常のコーヒーよりマシですが。)
デカフェのコーヒーもマクロビではなるべく避けます。

そこでマクロビでよく登場するのが穀物コーヒー。
ノンカフェインで、味・香りともにコーヒーそっくり。
通常のコーヒー党の方には薄い味に感じられるかもしれませんが、
この深い味と優しい香りは他にはなく、
ぜひ一度試していただきたいものです。

穀物コーヒー以外には、
私はまだ試したことはありませんが、
タンポポコーヒーや小豆コーヒーというのもあるんですよ。
コーヒーってコーヒー豆だけじゃないんです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 11:54 | macrobiotic

<< 初プチパン  穀物コーヒーゼリー >>