2007年 03月 30日 ( 2 )   

クシマクロビオティックアカデミイ   

カルチャーセンターでの料理教室が終了する頃、
ようやく通いたかったクシマクロビオティックアカデミイに通えることが決まりました。
こちらも大人気のようで、予約はコンサートのチケットを取るかのごとく
朝から電話をかけまくり、ようやく席を確保。わーい。

私の本格的なマクロビオティックの勉強はここからスタートしました。
この教室では、クシマクロビオティックの基礎からきっちり学べます。
マクロの野菜の切り方(通常の切り方とはちょっと違います)、
食材の選び方、陰陽の話、外食時の心構え、
栄養学的に見たマクロへのアプローチなどなど。
私にとってすべてが新しく、驚きで、毎回目からウロコでした。

講義の内容もさることながら、
一番始めに何に驚いたかというと、
この教室に通っている人のすがすがしい雰囲気でした。
皆さん、いろいろな背景を持って同じ教室に集まったわけですが、
とにかくさわやかな雰囲気の持ち主ばかりなのです。そして、肌がきれい!
教室に行くたび、あー早く私もあんな風になりたーい、と願ったものです。
(もちろん講師の先生方の肌はさらにきれい)

また、同じ悩みを持った人と出会えたこともとても嬉しいことでした。
家族の中でたった一人マクロを実践していると、
時々くじけそうになったりしますが、私の他にも悩みつつ実践している人がいるんだ
ということがわかっただけでも、とても心強く思いました。

その頃、私は実家にいて料理ができない環境にいたため、
マクロビ料理を食べるのは週1回のこの教室しかありませんでしたが、
行くたびに楽しくて、元気をいっぱいもらってきました。

いつも教室後に待ち合わせをしていた当時結婚前の主人は
私の表情があまりにも楽しそうなので、不思議に思っていたそう。

その後、NYに来ることになったので、まだbasic1と2しか修了していませんが
帰ったら続きをとりに行こうと思ってます。

教室の1階にはカフェがあり、おいしいケーキや飲み物、
食材や書籍も売っていますので、まだマクロ未体験の方はぜひ行ってみてくださいね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-30 05:04 | macrobiotic

はじめてのマクロビ教室 organic base   

漢方からマクロビオティックを知って、
「これ、私もやってみたーい」と、さっそくレシピ本を買って調理するものの
最初の頃は「この味付けでほんとに合っているんだろうか」と疑問に思いました。
料理だけでなく、その背景にある理論も知りたいし。。。
ちょうど今から2年前位のことでした。

そこでさっそく料理教室を探してみましたが、
時すでに遅しで、どこの教室も定員いっぱい、予約を締め切った直後。
私が知ったのが遅いだけで、すでにこんなに人気なんだとびっくりしたものです。

そんなわけで、最初に通ったのは
職場から近いデパートで開かれていたカルチャーセンターでのマクロビ教室。
カルチャーセンターということもあり、きっちり調理&理論を学ぶというわけには
いきませんでしたが、本物のおいしい調味料を味見させてもらったり、
同じように食に関心の高い人たちの話を聞いたりできたのが良かったですね。
マクロビってこんなにおいしい料理なんだあ、と毎回楽しく通っていました。

それと並行して、organic baseのone day lessenに参加したりもしました。
こちらの教室、マクロビをご存知の方なら、おわかりですよね。
先日紹介した『Organic Baseマクロビオティックと暮らす』の著者、
奥津典子さんの主宰する、家庭的でとっても温かな雰囲気の教室です。

私が参加した回は、たまたま奥津さんが講師でとっても感激したものです。
調理や細かな説明はとても丁寧でわかりやすいものでした。
でも講義や実習の内容以上に印象深かったのが、
実習でつくった料理を食べるときの奥津さんの食べ方。

食べ物を一口口に入れ、箸を置いて、そこからゆっくりと噛むのです。
噛むのは大事と聞いていたけど、ははあ、こうして食事というものはするものなのか~と
とても感銘を受けました。
私にとっては料理教室に行ったというよりも、
奥津さんのマクロに対する姿勢を学びに行った、という方が正しいくらい。
こちらには一度しか行っていませんが、
マクロビを意識し始めた私にはとても印象深い体験で、今でもよく思い出します。

教室は吉祥寺にあります。
最近カフェもオープンしたそうなので、帰国したら行ってみたいところの一つです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-30 04:11 | macrobiotic