2007年 05月 10日 ( 4 )   

コーヒーについて   

前記事で穀物コーヒーが出てきましたが、
マクロビオティックをあまりご存知でない方には
馴染みの薄い食品かもしれませんね。

穀物コーヒーはその名のとおり、穀物を原料としているコーヒー。

f0134855_11234813.jpg←我が家に常備してある穀物コーヒーはこれ。

原材料を見ると、
「煎大麦、煎ライ麦、
煎チコリーの根、煎てん菜の根」
となっています。

マクロビオティックでは、
通常のコーヒーは刺激が強いため
(→陰性が強いと考えます)、
避ける・なるべく避ける食品としています。


カフェインについての話はみなさんご存知かと思います。
コーヒーのカフェインが強すぎて、
夜眠れなくなった経験がある方もいることでしょう。
カフェインの体への影響ってすごく大きいんです。

では、デカフェのコーヒーはどうかというと、
これも完全にカフェインフリーではなく、微量のカフェインが含まれています。
外で他に選択肢がない場合、私も時々デカフェを飲みますが、
今の私の体にはちょっときつく感じます。
(通常のコーヒーよりマシですが。)
デカフェのコーヒーもマクロビではなるべく避けます。

そこでマクロビでよく登場するのが穀物コーヒー。
ノンカフェインで、味・香りともにコーヒーそっくり。
通常のコーヒー党の方には薄い味に感じられるかもしれませんが、
この深い味と優しい香りは他にはなく、
ぜひ一度試していただきたいものです。

穀物コーヒー以外には、
私はまだ試したことはありませんが、
タンポポコーヒーや小豆コーヒーというのもあるんですよ。
コーヒーってコーヒー豆だけじゃないんです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 11:54 | macrobiotic

穀物コーヒーゼリー   

f0134855_10591584.jpg
今回はレシピ本は参考程度に、
自分なりに作ってみたのですが、
食べてみて理想的な仕上がりだったのでびっくり!

寒天で固めたのに通常のゼリーのような柔らかさにできました。
おいしかったのでまた作らなきゃ。

<作り方>2人分
穀物コーヒー 大さじ2
水        250cc
米あめ     大さじ1と1/2
寒天フレーク 小さじ1
塩        少々

材料をすべて小鍋に入れて、よく混ぜる。
火にかけ沸騰させたら、弱火で10分。(途中焦げないように時々混ぜる)
器にもって、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
仕上げに豆乳をかける。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 11:19 | sweets

豆腐の照り焼き丼   

f0134855_3455770.jpg
オペラを見に行く前に家で夕食を済ませていきました。
(劇場まで30分で行けてしまうのです!素晴らしい!)

前から作ってみたかった、豆腐の照り焼き丼。
レシピは月森さんのレシピ本参考。

豆腐を揚げ、たれを絡めて青菜をのせたごはんの上に置くだけ。
照り焼きのたれのレシピは、
本では おろし玉ねぎ+醤油+みりん+米あめなど となっていますが
米あめを切らしていたので、玉ねぎ+醤油+りんごのすりおろしに変更。
りんごのおかげでさっぱりした感じです。

ボリュームもあり、割としっかりした味付けなので男性にもオススメ。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 03:47 | meal

METオペラ トゥーランドット   

昨日はMETオペラのトゥーランドットを観てきました。
METオペラも今週でシーズンが終わりということで
この夏帰国する主人と私にとっては見納めです。

さて、このトゥーランドットの舞台、とにかくすごかった。
歌もさることながら、舞台のセットや衣装が豪華絢爛。
こんな豪華な舞台って今まで見たことありません。

歌も本当に素晴らしかった。
特にリュー役の歌手がとても聴かせてくれて感動的でした。

オペラも日本に公演に行くことがあると思いますが、
METというこれまた豪華な劇場が
舞台の魅力をさらに引き立てているように感じます。
日本にはそういった劇場や環境がまだないのが残念ですね。

帰宅後、主人と私は、スケートの荒川静香の演技
(トリノ五輪の時の演技はトゥーランドットの曲なのです)をネットで見つけ、
さらに余韻に浸っておりました~^^
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 03:39 | life in NYC