2007年 06月 23日 ( 1 )   

今月の体調   

今月も体調はあまり思わしくありませんでした。
幸い先月に比べ悪化はしていなくて
痛み具合は半歩前進といったところ。

これまで1ヶ月間の「白砂糖追放強化」のおかげか
鋭い痛みは襲ってきませんでしたが、
腰が重いし、お腹に力が入らず、歩くにもフラフラ。
ほぼ2日間ほど少し動いては横になったりを繰り返していました。

春先は一日中歩き回れたりして、
結構調子良かったのにな~。

春先に回復の兆しがあっただけに、
またこうして寝込んでしまうことになったのが、とても悔しいです。

動けなくてベッドに横になっているときに見える空ほど、
青く美しく見えるものはありません。

そしてそんな時に、
社会のいろいろな場面で活躍している友人の話を耳にすると、
「私はこのお腹を抱えて何をしているんだろうか」と、また悲しくなってきます。

生理痛という私と同じ悩みを抱えている人は
世の中にいっぱいいます。

元気そうにしている友人と話をしていても
「実はね・・・」と同じ悩みを抱えている人にどれだけ会ったことでしょう。
みんな、鎮痛剤を飲んだりして周りに気が付かれないようにしているんですよね。

私は今までいろんなところで倒れてきたために
人に隠そうにも隠せない。
(鎮痛剤を飲むことには諸々の理由で非常に抵抗があるのです)

友人と出かける約束を、
このお腹を理由に(時には嘘をついて)断ったことは数知れず。

何か行動をしようというときには
いつも真っ先にこのお腹の不安が頭をよぎります。

このお腹の不安が
前に踏み出そうとする私をいつも思いとどまらせます。
そしていつも無難な安全な道を選択することに・・・。
大胆な大きな一歩が踏み出せません。


でもね、このお腹も私の一部です。

この体は、私が今まで食べてきたものです。

だから、私は私の体に責任を持ちたいんです。

鎮痛剤を飲めば、痛くなくなるのは知ってます。
漢方薬も効きました。

でも根本的に私の食事=私の体を変えない限り
いつまでたっても私はお腹を抱えて寝込んでいるような気がします。

このお腹さえ良くなれば、
私はそれこそ何でもできるような気がします。

マクロビを始めて、ほんとにほんとに徐々にではありますが、
痛みが軽くなり、体が変化していっていることがわかるのです。
(以前は毎月崖から突き落とされるような痛みが襲っていました。)
便秘は解消し、冷え性も改善され、
季節ごとにひいていた風邪もひかなくなりました。

ただただ、私は元気になりたいんです。

これまで1ヶ月は「白砂糖追放強化月間」としましたが
(白砂糖追放はこれからも続きます)、
これから1ヶ月はさらに良い血液をつくるべく
「食べ物を良く噛むぞ月間」として
体の変化を観察していこうと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-23 03:26 | macrobiotic