2007年 07月 30日 ( 3 )   

ありがとう、NY   

NYに来て、あっという間に1年が経ちました。

はじめの1ヶ月は
時差ボケと外食生活に苦しんでました。

そのうち台所用品が届き
自分で料理できるようになると
食材を売っているスーパー巡りを開始。

日本のようにお店のどこに何があるのかわからないので
スーパーに買い物に行くといつも発見でした。

いまだに「ここに○○があったのか!」と感動することしばしば。
(ずーっと探していた物がやっと見つかったときは、
本当に感動なのです。)

最初は日本とは異なる重さの単位と
慣れない量り売り戸惑いつつも
そのうち自分の手でだいたい1lbがわかるようになりました。
いまでは量り売りは必要な分だけ買えるので
とても便利だと思うほど。

特に豆や雑穀の量り売りコーナーは
種類も豊富で、眺めているだけでも楽しくて大好きです。

それから、今まで見たこともない食材との出会いも新鮮でした。
こちらではじめた食べたケールとビーツは今では大のお気に入り食材。
でも、まだまだ使ってみたことのない野菜たちもいっぱいあるので
もっと挑戦してみても良かったかも・・・。

たまの外食も楽しかったです。
日本と異なり、NYではいろいろな価値観が尊重されているので
どこに行ってもベジタリアンメニューがあるのはとてもありがたかった。
(ときどき、チーズ付だったり、味が濃かったりして大変でしたが。)

特に近所のManaには何度お世話になったことか。
いつ行ってもおいしいマクロビ食に癒されました。

そして今年の冬から始まった私の本格的なマクロビ生活。
それまでももちろんマクロビをしていたつもりだったけれど、
自分の体調を改善するため、
今年初めはかなりまじめに(ストイックに?)実践し、
そのうちすこしゆるめて自分で楽しいと思える加減の
マクロビ生活をおくれるようになりました。
体調はゆっくりとですが、良くなっています。
これは現在進行形ですね。

NYという見知らぬ土地にいて、
周りの人があまり知らない・マイナーなマクロビを実践する中で
最初、私はひとりぼっちのように感じていました。

一番そばにいる主人もはじめの頃はマクロビに対して懐疑的。
理論立てて考える彼から問いかけられる質問に
いつもきちんと答えられない自分を大変もどかしく思いました。

言葉で説明するのが下手な私は
無理に説明しようとすることをやめ、
とにかく自分の体と向き合って、体調を少しでも良くしようと思いました。
私の体調が良くなり、私自身がマクロビ生活を楽しみ、輝けば
きっといつか主人や周りの人もわかってくれるはずだと思いました。

その甲斐あってか、主人も私の変化に気づいて
以前より理解してくれるようになりました。
これは何よりも嬉しいことです。

また私は、『One Peaceful World』を読んで、
何かしたくなり、何ができるかを考え始めました。

今の私にできることとして思いついたことの一つが、このブログです。

私に何かできないか考え始めた頃、
日本にいる友人・知人たちの体調不良の知らせが相次いで聞こえてきました。

私としてはマクロビを勧めたいけれど
ただ単に「マクロビがいいよ」といっても伝わらないように思いました。

それよりは私が実践している生活を伝えて、
その楽しさを感じてもらえれば、何か変わるのではないかと思ったのです。

また、マクロビを知らない友人・知人たちに
私の近況報告と共に
マクロビという言葉とその生活を少しでも知ってもらえたら、
今すぐには実践できなくても、これから将来何かのときに
「あー、あの人はマクロビとかいうのをやっていたっけ」と思い出してもらえる
きっかけになればいいな、と思ったのです。

実際このブログを読んで
マクロビを意識し始めたり
実践し始めたりする方が出てきてきてくださったことは、
とても嬉しいことでした。

さらに、ブログを通して、こんなにもたくさんの方に知り合えるとは
思ってもいなかったので、大変嬉しかったです。
たくさんの方からいただくコメントはいつも励みになりました。
ありがとうございます。

ある意味、私はNYに来なければ
ここまでマクロビ生活を好きになって
楽しく実践することもできなかったのかもしれませんね。
そんな意味から
NY、ありがとう。


さて、もうすぐ日本に帰ります。

>NYで知り合った皆様
本当にお世話になりました。
いつかまた必ずお会いできるものと信じています。

>まだお会いしたことのない日本の皆様
日本のマクロビ事情にあまり詳しくない私に
いろいろと教えてくださいね。
何かの機会にお会いできることを楽しみにしています。

>まだお会いしたことのない世界中の皆様
きっと何かの縁でこのブログを通して
知り合うことができたと思っています。
いつかお会いしましょうね。

帰国して生活が落ち着くまで、
しばらくブログをお休みします。

今度は日本から
私のマクロビ生活をお届けしまーす。
[PR]

by shellpink42 | 2007-07-30 23:37 | life in NYC

love, eric   

やっと届きました。
自分のお土産用に購入。

f0134855_13382610.jpglove, eric
(Eric lechasseur, mugen LLC)

以前から素晴らしい本だと噂には聞いていて、
実際に見せていただいたこともあるんですが、
今回改めて手にとって
「わぁ~!」と叫んでしまいました。
それほどに美しいスイーツの数々。
まるで高級スイーツ店の
ショーケースを眺めている感覚に陥ります。


マクロビスイーツは砂糖なし、卵なし、乳製品なし。
エリックさんのこの本は
それらがなくても美しくて、一般のスイーツにひけをとらない
(おそらくその上を行く)スイーツが作れてしまうんだ
と十分教えてくれて、びっくりさせてくれます。

マクロビスイーツを試したことがない方は
砂糖なし、卵なし、乳製品なしと聞くと
おいしそうなスイーツをイメージしにくいと思いますが、
いつかそんな方に作って
食べてもらって驚かせてみたい!そう思えるスイーツのレシピばかりです。
(レシピ通りに上手に作れたら、かなり驚かれることでしょう。)


ついでに、こちらも購入。

f0134855_133746100.jpglove, eric & sanae

こちらはおかずと共にスイーツも載ってます。

日本でも揃う和な食材を使っているので
帰国しても使えそう。

ちなみに、どちらの本も
重さや温度の単位表が載っているので
すごく便利です。

この本たちを眺めていて
いつかエリックさんのお料理、食べてみたーい!と
一人エリック熱がかなり上がってきております(笑)。

エリックさんと著書についての詳しい情報は
こちらを参照してみてくださいね(日本語あり)。
[PR]

by shellpink42 | 2007-07-30 13:50 | book

おかゆぱん   

f0134855_1312155.jpg
帰国日が迫って、ちょっとバタバタしております。

・・が、食材整理のついでにパンを焼いてみました。
初挑戦、おかゆぱん。

材料は玄米粥、小麦粉、塩のみ。
これでパンが焼けてしまうんですね~。

おかゆのおかげで普通のパンよりモチモチどっしり。
黒いつぶつぶはあまっていたフラックスシードです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-07-30 13:05 | breads