2007年 11月 07日 ( 1 )   

KMA 第5回   

先週のKMAのクラスは講義でした。

内容は望診。
これまでいろいろな本を読んできたので、
ある程度知っている話もありましたが、
やはり先生から直接聞いて、
皆で顔を見合ったりしていると、面白くてワクワクしてしまいました。

今回の講義で私は最近抱えていた疑問の一つが解けました。

最近私は体の右側に不調が多く出ていました。
実は最近というか以前からの不調なんですが・・・。

例えば、
・以前から右の鼻は風邪でもないのに通りが悪い。
・右足の動かし方に変な癖があり、以前バレエをしていたときには、
直すのに苦労した覚えあり。
・最近は魚を食べると、右ひざが痒くなる。
・ここ数日右ひざが痛い。
などなど・・・右に不調が集中していて、
どうしてかなと思っていたところでした。

ちなみに体の右というのは陰性で、
左側が陽性と以前習いました。

じゃあ、私は甘いものの摂りすぎかなあと思いつつ、
魚を食べると右足が痒くなるのはどうしてかなと思っていたのですが・・・。

今回の講義の話によると、
右に症状が出るのは、陽性過多。

体の右側は足元から地のエネルギー(陰性)を受けているのですが、
動物性食品や、塩気の多い食品など陽性のものを多く摂りすぎると
それが地のエネルギーの流れをブロックしてしまうのだそうです。
なので右側に不調として現れるのだとか。

これを聞いて「そうだったのかー!」といたく納得。
危うく陰陽の診断を間違えて、逆のことをやるところでした。

これを聞いてから、
プレスサラダやゆで野菜をいつもより多めにとるようにしたら、
とてもおいしく感じられ、右ひざの痛みは消えました。
私の体、ちょっと陽性に偏っていたんですね~。

ちなみに左に出る症状は陰性過多だそうです。

きっとこういう小さな体調不良って
マクロを知らなければ、やり過ごしてしまうところですが
マクロのおかげで、薬に頼ることなくある程度自分で不調が治せて
ほんとに素晴らしいなーと思ってしまいます。
望診は難しいですが、楽しいですね~☆
[PR]

by shellpink42 | 2007-11-07 11:33 | macrobiotic