カテゴリ:macrobiotic( 51 )   

お休みの間・・・   

少しブログをお休みしていました。

マクロビ生活はこの間も楽しく続いています。

なんだか以前よりももっと楽しくなってきています。

こんなに生活が楽しくなるなんて、以前は思っても見なかったことです。

さて、仕事は相変わらず忙しいのですが、
少し余裕が出てきました。
以前も触れたように、マクロに関連する仕事に携わっていて
日々勉強になり、本当にありがたく思っています。

それから、実はこの4月中旬~5月上旬まで
小淵沢で開催されたKIJのレベル2を受けてきました。
(そう、主人を東京に一人残し、3週間の泊りがけで。)

KIJには初めて行きました。

レベル2は、一瞬一瞬すべてが感動でした。
小淵沢という環境と、毎日のマクロ食、そしてボディワークで
東京で緊張していた自分の体がどんどんほぐれていくのがわかりました。
こんなに自分はリラックスできるのか、リラックスしていいんだ、と感じ、驚きました。

一度の食事で、自分のからだや気持ちが変化していくのが
目に見えてわかり、食事の大切さを改めて実感しました。

もちろん、排毒もあり(私の場合、軽度でしたが)、
そんな自分の変化を観察するのがとても楽しかったです。

毎日のボディワーク(特に瞑想)は、今でも役に立っています。
忙しい生活を送っているからこそ、自分の内面と向き合う時間が大切ということを感じました。

最終日、感想をみんなの前で述べました。
今回3週間のレベル2を通して私が学んだことは
幸せは自分の内側から湧き出てくるのだということ、でした。

レベル2に行く以前、東京で主人と一緒にいた生活もとても幸せでした。
だけどレベル2で感じた幸福感はまったく別の種類の幸福感でした。

主人との生活も、安定していて、不安に駆られることもなく、幸せです(今でも)。
それまで私は、いつもどこかに何かを自分で探し求めに出かけていて、
自分で何かをつかみたいように考えていました。
だから、競争したり、他人をうらやんだり、悔しがったり、
とにかく何かを得たくて焦っていた感じでした。
そうしてつかむのも、ある意味で「幸せ」なのかもしれません。

けれど、レベル2では自分の体が整っていくにつれ、
とにかくこの瞬間、今が楽しく、素晴らしく、
この場に自分がいること・いられることが幸せでした。

こんなにも素晴らしい体験ができて、本当にありがたく思っています。
(レベル2に快く送り出してくれた主人には、とても感謝しています。)

レベル2が修了し、その足で、東京から来ていた友人と
近くのみそぎ神社に行きました(←この神社がまた素晴らしいのです)。

せっかくなので、普段はひかないおみくじを久々に引きました。
内容は、自分の思うこの道を迷わず進んでよい、とのことで、ありがたく受け取りました。

その後、東京に戻り、数日後に
主人と一緒に伊勢神宮にお参りに行きました。

帰ってきて、身も心も新たに、
また東京で日々のマクロビ生活を送っています。
[PR]

by shellpink42 | 2008-06-03 10:45 | macrobiotic

雑穀エキスパート   

皆様、ご無沙汰しています。
書きたい記事は山ほどあるんですが、
時間のやりくりがつかず、久々の更新です。

さて、昨日今日と私は雑穀エキスパートの講座を受けてきました。

雑穀エキスパート、なかなか聞きなれない方もいるかもしれませんね。
日本雑穀協会が主催する雑穀検定がありまして、
講座を受講して、その後試験を受け、合格すると
雑穀エキスパート→雑穀アドバイザー→雑穀クリエイターと認定されます。
私が受けたエキスパートが一番初級者向けです。

私の場合、マクロビオティックを通じて雑穀と出会ったたわけですが、
何せ雑穀が何なのか、例えばアワ・キビ・ヒエがどう違うのかとか
基本的なことからわからないことだらけなのでこれを機会に勉強してみました。

講義はすごく面白かったですね。
雑穀の歴史や文化、栄養学的な側面や各雑穀の特徴、加工の仕方など、
少し専門的な知識も入ってきて難しく感じる面もあったけれど
こちらの希望通り、体系的に雑穀とは何かを学ぶには良かったと思います。

ただ、気になる点がいくつか。

講義でいろいろな雑穀を並べて栄養素を比較するグラフがよく出てきました。
雑穀の栄養価の高さを知るには良い内容なのですが、
雑穀と比較されている対象が、精白米だったということ。

なんで玄米じゃないんだろう、って思ったんですが、
きっと玄米だと雑穀と同じように栄養価が高いので比較対象しにくいんでしょうね。
(現に私と同じ意見の人がいたようで、この点を質問していました。)
そして、日本雑穀協会が「雑穀」としているのが「主食以外の穀物」であり、
米は主食なんですね。そして「玄米・雑穀協会」ではないという立場も関係しているようです。

それから、この講座には講義と共に調理もあったのですが
(といっても私たちは調理のデモンストレーションを見て試食するだけ)、
その調理が私には衝撃的でした。

メニューは
・大豆と雑穀入りのごはん(米はもちろん白米)
・高キビ入りロールキャベツ
・きび入りドレッシングのサラダ

ごはんが白米だったのは、まあ仕方ないかなと思いましたが、
ロールキャベツのレシピを見てびっくり。
ソーセージ、卵が入っている!のでした。
炒めるときにはオリーブオイルにバターをプラス!
しかも煮込んでいくときに濃い目のチキンスープを入れている!
この段階で、すでに私にはバターのにおいがかなり苦しい。
それにキャベツはゆでずに電子レンジを使っていたりして、
??と思うこと多々あり。
そういえば試食時にはサワークリームまでトッピングされていたなあ・・・。

キビ入りドレッシングも気になったんですが、
なぜかサラダにツナ缶が・・・。

実は今回の講座には、たまたまKMAで一緒だった方も受講していたのですが、
この調理の最中、二人で顔を見合わせることしばしば。

結局、私はごはんだけ頂きました。

この調理、かなり残念だったなあと思います。
雑穀協会として雑穀の魅力を伝えたいなら、なんでロールキャベツにお肉を入れるんでしょう。
高きびだけのロールキャベツは現に作れるし、おいしいのに。
全体として雑穀が主役というより、脇役に回っている料理だった点が残念でした。

それに私はマクロな点からこのレシピはかなりつらいですが、
マクロじゃなくても、アトピーなどから雑穀に興味を持った方も受講しているはずで、
そういった方にも受けいれにくいレシピなんじゃないかと思いました。

雑穀協会としては、広く人々に雑穀を知ってもらいたいという立場なので
普段の料理に取り入れやすい形として
今回のようなレシピを紹介することを選んだのだと思うけれど、
人々を啓蒙していく立場としてストレートに雑穀の魅力を伝えることも
必要なんじゃないかと思いました。

講義と調理が終わり、最後に試験を受けてきました。
結果は2月にわかります。

↑のような私の意見は、お伝えするか迷いましたが、
試験後、協会の方に直接お話しました。
今後に活かされるといいなあと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2008-01-27 22:56 | macrobiotic

KMA 第5回   

先週のKMAのクラスは講義でした。

内容は望診。
これまでいろいろな本を読んできたので、
ある程度知っている話もありましたが、
やはり先生から直接聞いて、
皆で顔を見合ったりしていると、面白くてワクワクしてしまいました。

今回の講義で私は最近抱えていた疑問の一つが解けました。

最近私は体の右側に不調が多く出ていました。
実は最近というか以前からの不調なんですが・・・。

例えば、
・以前から右の鼻は風邪でもないのに通りが悪い。
・右足の動かし方に変な癖があり、以前バレエをしていたときには、
直すのに苦労した覚えあり。
・最近は魚を食べると、右ひざが痒くなる。
・ここ数日右ひざが痛い。
などなど・・・右に不調が集中していて、
どうしてかなと思っていたところでした。

ちなみに体の右というのは陰性で、
左側が陽性と以前習いました。

じゃあ、私は甘いものの摂りすぎかなあと思いつつ、
魚を食べると右足が痒くなるのはどうしてかなと思っていたのですが・・・。

今回の講義の話によると、
右に症状が出るのは、陽性過多。

体の右側は足元から地のエネルギー(陰性)を受けているのですが、
動物性食品や、塩気の多い食品など陽性のものを多く摂りすぎると
それが地のエネルギーの流れをブロックしてしまうのだそうです。
なので右側に不調として現れるのだとか。

これを聞いて「そうだったのかー!」といたく納得。
危うく陰陽の診断を間違えて、逆のことをやるところでした。

これを聞いてから、
プレスサラダやゆで野菜をいつもより多めにとるようにしたら、
とてもおいしく感じられ、右ひざの痛みは消えました。
私の体、ちょっと陽性に偏っていたんですね~。

ちなみに左に出る症状は陰性過多だそうです。

きっとこういう小さな体調不良って
マクロを知らなければ、やり過ごしてしまうところですが
マクロのおかげで、薬に頼ることなくある程度自分で不調が治せて
ほんとに素晴らしいなーと思ってしまいます。
望診は難しいですが、楽しいですね~☆
[PR]

by shellpink42 | 2007-11-07 11:33 | macrobiotic

KMA 第4回   

金曜日にKMAの調理実習がありました。

今回のメニュー、珍しく主食がありません。
始まる前に他の人と「今日は主食がないですねー」と話していたら、
先生から、今日のメニューは玄米以外の全粒穀物が多く使われているので
ごはんはないのだと説明がありました。
KMAでは、玄米を含めて全粒穀物を一日に50%以上摂るように教えているので
玄米以外の穀物メニューの紹介、という意味もあるようです。

さて、そのメニュー。
f0134855_21334757.jpg
・ひえともちきびのコロッケ
・スプリットピースープ
・豆腐タルタルソース
・コールスローのプレスサラダ
・黒米プディング かぶソース






雑穀のコロッケ、結構好きです。
NYにいたときにmilletのコロッケをときどき作っていました。
いろんな雑穀を混ぜるのも良いのですね。
雑穀以外にごぼうと人参のきんぴら風の炒め物を混ぜ込んでます。

スプリットピーは、NYで他の豆と間違って買ってしまい、
私にとって、どう調理しようか頭を悩ませた豆です。
よくスープになってデリで売られているのを見て
真似して作ったりしていたのを思い出しました。

通常はジャガイモとスープにすることが多いそうですが
マクロビ的に長芋で。
これはおいしいです。
今回私は主にスープ調理を担当。
試食のときに同じグループの人に
「先生のスープよりおいしい」とお褒めの言葉を頂きました。良かった~。

豆腐タルタルソース、はまります。
豆腐マヨネーズにザワークラウトとピクルスなどを入れてアレンジした感じです。

プレスサラダ、揚げ物の時によく合いますね。

黒米プディングは、黒米おかゆに甘みをつけた感じです。
私のグループの盛り付けはそのままかぶソースをのせたので
華やかさに欠けますが、先生の盛り付けにびっくり。
白と黒の対比でなんと
陰陽マーク(S字に点が入るマークと言えばいいかな)になってました。

ごはんはなくても、穀物でお腹いっぱいのメニューでした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-10-28 21:54 | macrobiotic

KMA 第3回   

先週の金曜日に、KMA 第3回がありました。

不覚なことにカメラを忘れたため、写真なし(泣)。

メニューは
・おはぎ
・白玉団子のお吸い物
・みそ煮しめ
・卯の花(おからの煮物)
・春雨サラダ

おはぎはKIでは頻繁に食べられている、と先生のコメント。
週2回はおはぎが出てきて、小豆あんだけでなく
アプリコットやいろんなソースと共に食べたりもするのだとか。

今回は、あずきあん、くるみみそあん、かぼちゃあんの3種。
もち米は、先生のデモではカムカム鍋で炊いていました。
噂のカムカム鍋を見るのは初めて。
水を張った大きな圧力鍋にカムカム鍋を入れて炊きます。
カムカム鍋に火が直接当たらず、水がクッションになるので
軽い仕上がりになるのだそうです。
(でも土鍋など無圧で炊くよりはやや陽性なのだとか。)

白玉団子は水ではなく、絹豆腐を入れて、こねてお団子に。

みそ煮しめはこれからの時期、活躍しそうです。

卯の花を食べたのは久しぶり。
NYでもときどきおからを買って作ってましたが
私のとはまた違う仕上がり。また作って練習しよう。

春雨サラダは、通常つきもののハムの代わりに
セイタンを揚げた物が入ってます。
普通に出されたら、セイタンだとはわからないかも。
味付けもさっぱり、おいしい。勉強になります。

教室で他の方と料理をすると、
自分の足りない点がよくわかります。
特にお吸い物味付けは私はまだ難しい。
でもアドバンスですから、
そろそろちゃんとできるようにしないといけませんね。
お料理がんばろう。
[PR]

by shellpink42 | 2007-10-23 09:57 | macrobiotic

KMA 第2回   

働き始めましたが、KMAには通っています。

10月12日に第2回がありました。
Adv.コースの実習初回。

集まっている方はさすがにアドバンスということもあって
マクロを生活にとりいれている方が多く、
マクロを楽しんでいることがお話をしていてわかります。
教室だとこういう同じ仲間に会えるので、
ほんと嬉しいですね^^

さて実習メニューは・・・
f0134855_9191472.jpg・かぼちゃ入り玄米ご飯
・スープ餃子
・大豆のシチュー
・れんこんの梅酢漬け
・ごまプディング







今回のごはんは、リラックス効果のあるというもち米入り。
いつもの玄米ごはん以上にモチモチです。

餃子スープは、スープがおいしかった。
きくらげがいっぱい入ってます。トッピングに高菜をのせてます。
今度また作ろー。

大豆のシチューとは五目大豆のこと。
自分で作るとどうしてもしょっぱくなりがちですが、
これは甘い。そして先生が作ったものはさらに甘い。さすが。

今回のヒットはひじきのサラダ。
ピーナッツをすり、オレンジジュースとみそでドレッシングに。
これ、はまります。

ごまプディングは濃厚。
これがあれば市販の豆乳プリンなどに惹かれることはなくなるかもしれません。
プリン系に弱い主人に受けそうなので、今度また作らねば。

久々の教室で、他の方と一緒に料理ができて楽しかったです。

それにこれまで一人でそれなりにマクロな料理をしてきたつもりですが、
やはり自分の味付けはまだまだ未熟で、
調味料の味が先に立っていることにも気づけました。
なので試食の際は、マクロの優しい味付けに「あーこの味」と何度も思いました。
自分ひとりでもおいしく味付けられるように、
もっと上達したいなあ、と強く思った第2回でした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-10-23 09:35 | macrobiotic

KMA advanced 第1回   

クシマクロビオティックアカデミイ(KMA)のadvancedコースを受講し始めました。
KMAに行くのは2年ぶりとあって、
教室に行くだけでもワクワクしてしまいました。

初日の昨日は、講義日。
はじめに、たまたま来日中の久司先生の息子さんが
スペシャルゲストとして登場。
何のためにマクロビオティックを実践するのか、ということについて
お話をしてくださいました。

その後、講義。
内容は・・・
・健康とは何か
・病気とは何か

ということが主でした。
テーマだけ見ると難しそうですが、
とてもシンプルに解説してくださり、ほんとわかりやすい。

このアドバンスコースでは、
これまでのベーシックでの知識よりさらに踏み込んで、
健康状態に合わせた食事やその調整法、お手当て、
そして望診(顔や体を見て健康状態を診断する方法)もあるとのこと。
クッキングも調理方法や材料による陰陽の調整もあるみたいです。
かなり楽しみ。


それから今回、久しぶりに教室に行って、
またKMAで学べるようになって、ありがたいなあ、と思いました。

ベーシックコースに通っていたときは、まだマクロを実践できる環境になく、
実践できるようになった結婚後はNYに行き、
ひたすらKMAで学んだことを自分なりに実践するのみ。
相談する人がいないから、とにかく一人で試行錯誤。

だから教室で、同じ悩みを共有できるマクロ友達と出会えたり、
新たな知識を得られる機会がまた持てるようになって
ほんと嬉しいんですよね。

これから3ヶ月間、とにかく楽しみです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-10-06 23:32 | macrobiotic

レタスの中から・・・   

最近、宅配野菜を取り始めました。

今住んでいるところは都内で便利なのですが、
買い物がなんとも、しにくいのです。

それこそ近くにスーパーは3軒以上あるのですが
入ってみても買いたい物が・・・ない。
店内をほぼ素通り状態なのです。

しかもどこのお店も似たり寄ったりで、
独自色を出しているように思えない。
(NYで私がいたところは、あるお店はオーガニック専門、
とあるお店は安さが売りでオーガニックも安い、
またある店はごく普通のアメリカらしいスーパー、
と個性的&差別化されてて、私としてはとても買い物しやすかったのです。)

どこのお店にも有機野菜のコーナーはあるものの
数も種類も少ない。
他の野菜や食材も東京という土地柄かもともと値段は高め。
(実家の周辺の相場と比べるとかなり高いので、買う気が失せてしまうのです。)

パンも加工品も調味料も、砂糖入り・添加物入りの物ばかり。

それでも近くに自然食品店を見つけて、
そこを中心に買い物するようになったんですが、
どうも品揃えがいまいち・・・なのよね。
(でも応援したいので、ちょくちょく行くことにしてます。)

日々の買い物にあまりにも疲れ果てたので
以前から興味のあった宅配野菜を始めました。

食材に関しては安心&新鮮だし、
旬の野菜が来るので、なかなか楽しいです。

・・・が、昨日とうとう出ました。

レタスの中から、「こんにちは。」

そう、アオムシさんです。

あまりの突然の登場に思わず叫んで、レタスを投げ出してしまいました。

ちょうど休みの主人にヘルプを求め、アオムシさんは外へ退場。

「でも虫が付いているなんて、いい野菜なんだね」と微笑む主人。
「うう、そうだね」と泣きそうな私。

宅配野菜のお兄さんは
「うちのは虫はあまりつかないんですよー」と言っていたけどな。

宅配野菜は楽しいですが、
いろんな意味でドキドキします。
[PR]

by shellpink42 | 2007-10-01 15:34 | macrobiotic

しょうが湿布   

先日、月の便りがやってきました。

先月よりもだいぶ体調が良くなりましたよ^^

最初の数時間ほど、少しお腹が痛んだので
しょうが湿布をしてみました。

いつもは体調が悪すぎて、
しょうが湿布を自分で用意できる状態ではないのですが
今回は大丈夫そう、と思い、しょうがをすりすり。

しょうが湿布をお腹にあてるとじんわ~り温まって
すごく気持ちよかったです。
お風呂に入っているかのように額に汗までかきました。

それから、ごま塩の頓服もしました。

そのおかげか、横になった時間は数時間で済み、
(いつもは半日から悪いと2日間)
腰は少し重かったものの
家事もでき、外出もでき、人に会うこともできました。
つまり、日常生活が送れたのです。
この悩みをわからない方には??というところなのでしょうが、
私としては日常生活を送れたことが何より嬉しいです。

この調子で来月にはもう少し良くなるといいな。
[PR]

by shellpink42 | 2007-07-23 11:49 | macrobiotic

久々に胃もたれ   

してしまいました。

昨日の晩は久しぶりに会う友人がいたので、
近くの(普通の)レストランに夕食を食べに行きました。
そこは前に行ったときも比較的おいしくて、
ベジメニューもあるので、
まあそんなに体もぶれないだろうと思って行って
楽しく食べて帰ってきたら・・・

苦しくて動けない!!

特に食べ過ぎたわけはありません。

もともと私は人よりたくさん食べる方なんですが、
昨日はいつもより少食にして
よくよく噛んで食べたのですがねぇ・・・。

何がいけなかったかって、たぶん油ではないかと思います。

最近私の食事はあまり油を使わないで調理することが多いんですが、
昨日の夕食はなぜだか全部オイリー。

「こっちのレストランってこんなに油使うんだっけ」と
内心思っていたら
隣にいた主人にもかなりこたえていたみたい。

結局「ここのレストラン、シェフが変わったのかなー」と
二人で顔を見合わせてしまいました。
友人にもちょっと悪いことをしてしまったな。

お店を出る頃はまだ大丈夫だったのですが、
アパートについた頃には、いつものマクロビ食ではありえないお腹の苦しさ。

マクロビ食だと、多少食べ過ぎても
お腹が張ったりしなくて、就寝する頃には胃は軽いので
この苦しさは私にはかなり異常。

とりあえず、摂った油をどうにかしたくて
第一大根湯を飲んでおきました。

でも苦しくて、ベッドにそのままばったり。
お腹が重いと、眠りにもなかなかつけませーん。

大根湯のおかげか、今朝は胃もたれは解消していましたが
う~ん、油の影響ってすごいですね。
こういう食事を毎日摂ってるこちらの方の体って一体・・・。

それから、なんだかもう少しこの体をすっきりさせたくて、
今日は思わずセントラルパークを走ってきてしまいました。

あと、しばらく大根湯も続けようと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2007-07-09 05:51 | macrobiotic