カテゴリ:life in NYC( 28 )   

桜開花   

f0134855_12585298.jpg

NYでも桜が咲きました!

今朝、主人と散歩。
アパートのすぐ裏にあるcomunity gardenへ。
地域の人が植物の手入れをしている小さな公園です。

着いてみたら、なんと桜があるではないですか!しかも満開。ワーイ!
桜の木の下のベンチに座って、ゆったり眺めてしまいました。

NYでも桜が楽しめるなんて、嬉しいな。
[PR]

by shellpink42 | 2007-04-22 13:19 | life in NYC

China Town   

今日は久々、China Townへ。
China Townにある飲食店が今日は特別に通りに露店を出し、
1~2ドルでお店の味を楽しめてしまうイベントが開かれていたのです。
旦那様は試験勉強中なので、(ごめんなさい!)
さっそく主人の同級生の奥様たちとお出かけ。
(最近一緒にお出かけするのがお気に入り)

f0134855_1274860.jpgf0134855_12104741.jpg


着いてみるとすごい人だらけ。
露店には人だかり。
中国語が飛び交い、ここはまさに中国・・・

以前食べに行ったことのあるvegetarian chineseのレストランが
露店を出していました。良かった~。
f0134855_1212862.jpgf0134855_12192369.jpg


左は米粉でできた麺の焼そば。
お肉のように見えるのは、こちらではbean curdと呼ばれます。
おそらくセイタン(グルテンの塊)(訂正:豆腐です)。味・食感はお肉そっくり。
右は主人のお土産に買った揚げ。
奥は玉ねぎ人参入りでもちもち。手前は里芋のマッシュ。
マクロではありませんが、NYではベジでも中華は楽しめるんですよ~。

お腹も満たされ、その後はChina Townをぷらぷら。
私はスーパーで、椎茸やはと麦などをごそごそ買いました。
なぜかよくわかりませんが、China Townで扱っている食材は
マンハッタン内の他の地域に比べて激安。
たまに来て安く購入するのに重宝します。

日本にある中華街の素晴らしい清潔感に比べて
こちらのChina Townは魚臭さが通りにぷんぷんしていますが
(初めて来た時は、このにおいに負けて私は早々に退散・・・)
この安さにだんだんと気を許して、また来ようかなという気にさせられる街です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-04-22 12:39 | life in NYC

Easter   

f0134855_1156740.jpg先週末、知り合いのアメリカ人のご家族に招かれ、
Easterを体験してきました。

さて、日本ではあまり馴染みのないEasterとは・・・
日本語で「復活祭」と言われるように、
イエスが十字架にかけられ亡くなった3日後に
復活したことをお祝いする行事です。

キリスト教徒にとってはイエスの復活という出来事は
その信仰において非常に大きな意味があり、
その行事であるEasterはクリスマスよりも重要な意味を持ちます。

まあ、ここでは宗教的な意義については他のHPにまかせるとしまして、
Easterに付き物な卵・Egg Huntingについて。

卵は「生命・復活」の象徴でイエスの復活にかけたと言われます。
そしてEasterはもともとイエスが復活したその日
一日だけではなくそれ以前からいろいろな行事があります。

Easter前40日間をLent(受難節)と言いまして、
イエスが断食をして荒野をさまようという修行をしたことにならって
人々は卵・油・肉・乳製品を控えました。
なのでこれらの食べ物を控えた人々は、
Easter後に再び卵などを食べられるようになって
卵を求めて野に駆け出して行ったそうです。
それが今のEgg Huntingにつながったのだそう。

マクロを実践中の私としては、卵などの食べ物を控えることは
なかなかよろしいんじゃないかと思いますが、彼らにとっては「受難」だったんですね。

ちなみにLent前3日~1週間はCarnival(謝肉祭)と言われる期間があります。
Lentに入ると卵や肉が食べられなくなるので、
その前にたらふく食べて楽しく過ごそう、というのが
本来の意味のようで、リオのカーニバルなどもそこから来ています。
イギリスには「pancake day」というのがあり、
Lent前に家中の卵や乳製品を使い切るために
パンケーキをどっさり作ったりする風習もあるそうな。

今回訪ねたご家族は敬虔なキリスト教徒のご家庭でしたが、
LentやCarnivalの風習は行っていませんでしたので、
今ではごく一部で行われる行事なのかもしれません。

さて、本題のEaster。
まず6日(金)は教会に行き、イエスが磔にされたことの意味などの説教を聞きました。

f0134855_12104120.jpg翌日7日(土)は子供たちお待ちかねのEgg Hunting。それに先立ち、子供たち向けにEasterについて牧師さんからお話。終わるとみんなbasketを持って外に飛び出していきます。外のグランドにはすでにプラスチックでできた卵がいっぱい。私たちも卵をまくのを手伝いました。


f0134855_12164188.jpg合図がかかると子供たちは卵を拾いに
走りまくります。プラスチック製の卵の中にはお菓子やお金、おもちゃとの交換券が入っているのです。私たちを招いてくれたご家族にも息子さんが2人いて、たくさん集めたお菓子やおもちゃにご満悦でした。


f0134855_1225150.jpgそしてこの日の夕食は
親戚も集まり、豪華なdinner。
ゆで卵料理もありましたが、
これは私はどうにかパス。
しかしジャガイモ、チーズ、
砂糖、バター、などは避けられないので
ありがたくいただきました。


f0134855_12254652.jpgそして食後のデザート。
いかにもアメリカらしい
素晴らしく甘いクリームがかかった
カップケーキ。
そして甘~いチョコレートケーキを
いただきました・・・




私の持っていったピーナッツバタークッキーも横に見えますが、
チョコレートケーキやカップケーキを食べたあとに
口に入れても全然甘さが感じられない・・・

持って行く前試食したときには十分甘かったクッキーでしたが、
たぶん彼らには全然甘くなかったはず。
「これはやばい・・」とちょっと冷や汗。

翌8日(日)は、教会に行きEasterに関連する説教を聞きました。

この週末は、普段はあまり触れることのできない
宗教色の強い場面に立ち会うことができ、その点はとてもよかったと思います。
私にはない信仰というものについて大変考えさせられました。

マクロビオティック的には、この間
お肉、乳製品、砂糖、極陰の野菜たちを食べましたので
今の私の体はかなり偏りました。
しばらく基本食に戻して調整せねば。
[PR]

by shellpink42 | 2007-04-10 12:59 | life in NYC

セントラルパーク   

f0134855_417213.jpg今日はセントラルパークに
散歩に行って来ました。


f0134855_465953.jpg風も暖かく、
この間まで見られなかった
花があちこちに。
f0134855_411333.jpg冬眠していたリスも
目覚めてきたようです。
f0134855_4323860.jpg春ですね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-24 04:18 | life in NYC

STOMP   

大満足のAngelica Kitchenを後にしてSTOMPへ。

STOMPってドラム缶や、ブラシやライターやら身の回りのものを
何でも使って音を出す日本でも有名なあのパフォーマンスですね。

小さな劇場なので迫力があり、とっても楽しい舞台でした。

びっくりしたのは、日本人の女性が一人出演しているんですね。
それもとても重要なパートを担当してます。

プロフィールによると、どうやら以前和太鼓をしていたよう。
どうりでドラム缶の叩き方が他の人と違って上手だなーと思ってみてました。

終演後の帰り道では、舞台の影響でいろいろな物がリズムを持って聞こえ、
主人と顔を見合わせて笑ってしまいました。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-16 12:21 | life in NYC

blooklyn museum & botanic garden   

普段は勉強に追われてなかなか出かけられない主人が
春休みなのでここのところ外出続きです。

昨日は、マンハッタンを出てブルックリンへ。
Blooklyn Museum と Blooklyn Botanic Gardenへ行ってきました。

Blooklyn Museumにはノンウェスタンのアートを中心に
アフリカ、エジプト、イスラム、インド、アジアなどなどのアートが収集されていて
他の美術館とは違った特色を持っています。

日本のコーナーには、坂本竜馬を描いた掛け軸があったり、
魯山人の器があったりして、ちょっと意外。

私個人としては、今まで全然縁のなかったエジプトの壁画や
像などを見れたのが良かったかなー。

さて、昼食は美術館のカフェテリアにて、
自宅から持ってきたマクロビ弁当を広げて食べました。

そして、美術館に隣接しているBlooklyn Botanic Gardenへ。
ここは桜がたくさん植えられているので、
春になると花見にぴったりの場所です。
が、その時期は主人が試験勉強で大忙しで、
もう来れないかもしれないので、今回は桜が咲いているイメージだけ膨らませてきました。

日本風庭園のほかにも温室で熱帯の植物を見れたり、
ハーブガーデンがあったりと、いくつものテーマガーデンがあります。

マンハッタンにいるとセントラルパーク以外は
ほんとにコンクリートジャングルなので息が詰まりそうですが、
久々にお日様をいっぱいに浴び、植物に囲まれ
深呼吸をいっぱいすることができました。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-16 11:08 | life in NYC

Jazz @ SMOKE   

行きたいね、と主人とずっと話していたジャズクラブに行ってきました。
場所はSMOKE
broadway, bet. 105th&106thにあります。

事前にメニューを確認してみたら、やはりマクロビ対応は難しいので、
行く前に私はしっかりマクロビ食で腹ごしらえ。
SMOKEではノンアルコールのビールをなめるほどにしておきました。

キャンドルの光で薄暗い店内はとってもムード満点。
平日だというのにジャズの演奏が始まる時間になると、ほぼ満席に。

渋い顔をしたおじさまたちが楽しそうに演奏している風景は
なんとも素適でした。もちろん演奏も聴かせてくれました。

ジャズを聞くのは初めてでしたが、お店を出た後もしばらく
ジャズの音が耳元に残って、心地よい夜でした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-16 10:37 | life in NYC

METオペラ ファウスト   

NYに住み始めて、約半年。
忙しい夫の合間を縫って、いろいろな舞台を観てきました。

ミュージカルは日本でも観たことがありましたが
オペラはほんとに初心者。

なので最初の頃はNEW YORK CITY OPERAをよく観に行きました。
CITY OPERAは、これから有名になるであろう
まだ成長途中の歌手が出演します。
そのせいか一人一人にじっくりと歌う機会が与えられている様子。
演出も斬新だったり、値段も手ごろなのが魅力。

でも昨日はようやくMETオペラを主人と観に行きました。
ラッシュチケットといって、当日売れ残っている席を
開演2時間前に売り出すので、それが狙い。
ここは気長に長蛇の列に並んだところ、なんと1階席のチケットを購入できました。
しかも1人$20。日本ではありえないですね。

そしてMETオペラは、さすがの一言に尽きました。
歌手、音楽、演出、劇場、、、すべてがすばらしい。
歌手の良し悪しについては私は全くの素人ですが、
CITYとは声の質が違うのです。ほんとに体に心地よいのです。

マクロビオティックを始めて、私は音楽の好みも変わってきましたが、
最近はこういったオペラなどのクラシックが私の体に合ってる気がします。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-14 06:34 | life in NYC