カテゴリ:restaurant( 12 )   

Mana   

f0134855_6115291.jpgNYで私が一番大好きな
レストラン「Mana」です。
場所はamstertam ave.bet.92&93stかな。
家からあまりに近いので
思い出せない(><)。
オレンジの看板が目印。






NYに来て間もない頃、このお店を発見。NYの強い味に少々疲れ気味だった私は
Manaのすばらしさに感動して、一緒にいた主人に思わず、
私「NYで生きる希望が出てきました!」
夫「??」
それほどおいしくて、しかもマクロビ対応のレストランなのです。
今では主人も気に入って、月に一度は通っています。


f0134855_6123222.jpgこちら、私が注文した
Country Rice。
ひじき、湯葉、のり、
厚揚げなど具だくさん。
味はやさしいしょうゆ味。
もちろん玄米ごはん。
周りの緑は青梗菜と
ブロッコリー。


f0134855_612587.jpgこちらは主人が注文した
Broiled Fish。
今回はサーモンの
照り焼きです。
魚は赤身と白身の
2種類から選べます。
この点も嬉しい。
玄米ごはんの後ろには
ひじきが見えます。




NYで和食といえばsushiだらけで、
お味噌汁やうどんも大抵かつおだし&しょっぱい味付けで私は苦手なのですが、
Manaは和風の食材を使いつつも、洋風なお料理にアレンジしてます。
(今まで試した料理には、テンペサンドイッチやミートローフやシチュー、パスタなどなど)
来ているお客さんもマクロやveganの常連さんが多いよう。

ところで、今回主人のサーモンを私も一口味見。(私にとって約3ヶ月ぶりの魚)
食べてびっくり。舌に濃厚なサーモンの油分を感じたのです。
サーモンって脂肪分が多いのね、と実感。
味はおいしいのですが、今の私にはいいかな、と思えました。

マクロビオティックを始めると、味覚が変化・敏感になるので
それまで好きだった食べ物を久しぶりに食べてびっくり、ということは時々あります。
今回も良い経験だ。

ちなみに私の知る限りManaはガイドブックに載ってません。(大発見だ。)
小さなお店ですが、家庭的なあったか~い雰囲気と
どこよりもやさし~い味付けで、私は毎日でも通いたいお店です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-26 07:26 | restaurant

Angelica Kitchen   

Blooklynの次は、East Villageへ。
この日の夜はoff broadwayのSTOMPを観るのです。

さて劇場に行く前に、夕食はこの地域でお気に入りのレストラン、
Angelica Kitchenへ。

このレストランは本当にすばらしい!
私は毎回感動して、食べながらうなっています。
HPでもorganic vegan restaurantとうたっていますが
もちろんマクロビ的にも大丈夫。

店内は木製のテーブルと椅子で、壁にもレンガが使われていたりして暖かい雰囲気。
各テーブルには、白ゴマ(ごま塩ではないのが残念)が置かれ、
店員さんはとってもにこやか。

そして何がすばらしいって、やはりお料理。
メニューにはマクロビ的に見慣れたkimpira,arame,
hijikiなどの文字が。これだけでも嬉しくなってしまいます。
まあ、これらの料理は普段から家で食べてるので、他のメニューを試します。

今回は主人がテンペのサンドイッチwith 豆のスープを注文。
私はカリフラワークラブという名のプレート。
大きなマッシュルームに豆腐チーズをのせて
オーブン焼きしたもので、トマトソースとポレンタが添えられています。

NYでベジタリアン料理をいろいろと食べてきましたが、
どこも香辛料・調味料がかなりきいていて、素材の味がしないんですね。

でもここは、調味料は控えめ。やさしい味で素材の甘みが感じられます。
しかも野菜が新鮮でおいしい。
お店のカードには、レストランで使う野菜は48時間(?)以内に収穫されたものを使用、と
しっかり記載されているだけのことはあります。

f0134855_11492874.jpg
そして食後のデザートにまた感動。

raspberry kanten parfeitです。

パフェというと白い生クリームたっぷり、
というイメージですが、
ここのパフェは茶色いんです。
クリームはへーゼルナッツクリーム。
最後一口まで飽きが来なくて、
すっきりと食べられるパフェでした。
あー大満足。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-16 12:03 | restaurant