<   2007年 03月 ( 33 )   > この月の画像一覧   

天の声 (2)   

KIに行かない、と決心して数日後、主人はすっかり回復。
でも今度は私が、行けなくなったショックからか、
緊張の糸が解けたのか、高熱を出しました。(私も熱は久々)

私も主人と同様、大根湯を飲むもすぐに熱は下がらず、
三日三晩寝込みました。
そして高熱の中、いろいろなことを考えました。

私は小さな頃から、やると決めたことは必ず最後までやり通すタイプでした。
時には周囲の状況がそれを許さなくても、無理を通すこともしばしばありました。
だから、これまでの私ならば、無理を承知でKIに行く選択をしているはずだったのです。
絶対に逃さないチャンスでした。

けれど結婚して主人と暮らす中で、
そのような無理や勝手はしてはいけないんだと、いろいろな場面で学んできました。

でも最初、KIに行くと決めたとき、私は勝手はいけないと頭でわかっていても
心の奥底ではわかっていなかった。
自分のことしか考えず、他力本願でした。
KIに行けばマクロビオティックインストラクターの資格が取れる、
KIに行けば私の体の不調も良くなるかもしれない、と。

マクロビオティックインストラクターの資格も、
取ったからといって終わりではなく、その後もずっと勉強し続けるものだと思います。
私の体の不調も、結局いつかは自分で治さなければ
人の体も治せないはずです。

そんな考えが私には欠如していたから、
主人が熱を出し、私を引き止めてくれたのでしょう。
ありがとう。

主人が回復しても、私がそのことをちゃんと理解していなかったから、
私の中から熱が出て、戒めてくれたのでしょう。
ありがとう。

熱が引き、私はKIに行ったつもりでそれまで以上に厳格に
マクロビオティックに取り組み始めました。

そして今回活かせなかったチャンスがいつかまた巡ってきたときに
きちんと活かせるよう、毎朝朝日を浴びました。


今振り返ってみて、私はあの時行かなくて良かったのだと思います。
自分なりに試行錯誤する中、体調はこれまで以上に良くなりつつあります。
マクロビオティックが楽しいと心から思えます。
KIに行かずNYにいる間、様々な出来事がありましたが、
そのひとつひとつが、私にここにいて良かったんだと確信させてくれました。
このことに気づけて良かった。
ありがとう。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-31 05:41 | macrobiotic

天の声 (1)   

主人と共にNYに突然来ることになり、
クシマクロビオティックアカデミイのコースはbasic2まで通い、その後渡米。

せっかくアメリカにいるのだから、
機会があればKIに行きたいなあ、とずっと思っていました。
KIとはKushi Instituteという
アメリカでクシマクロビオティックを広めた久司道夫さんが作られた学校で、
マクロビオティックカウンセラーの養成講座やカンファレンスなどを開いているところです。
NYから車で3時間ほどのマサチューセッツ州にあります。

私が恵比寿で通っていたクシマクロビオティックアカデミイも
このKIと同様の教育が受けられますが、
KIでは数週間~数ヶ月間、料理だけでなく
ボディワークや講義をみっちりと集中して受けることができるようです。
講座の間は寮や近所に住み込み、食事はもちろんマクロ食です。

日本でも山梨県の小淵沢にKIJがあり、
そちらでもリーダーシッププログラムを受けることができます。

でも私は、NYにいる間に何か得ていきたいと考え、
まだ子供もなく比較的動きやすい今のうちに
KIに通えたらいいな、と思っていたわけです。

そのため、とりあえず英語の授業についていけるように、
英語で書かれたマクロ本で予習をし、熱心に語学学校にしばらく通いました。

そして主人にも相談。主人は私のKI行きを応援してくれました。
夫「10年後に行こうと思ったときに行けると思う?」
私「10年後には行けないと思う」
こんなやり取りを交わしつつ、いろいろ考えた挙句、
思い切って行ってみようと決心しました。

講座は1月初旬に始まり、4月に3レベル終えて、NYに帰ってくる予定でした。

ところが、です。
出発の準備を着々と整え、
あとはトランクに荷物を詰めればOKというKI出発数日前、
めったに風邪もひかない主人が突然熱を出しました。しかも高熱。
私が出発する翌日からは、彼の方も大学の授業が始まるので
はやく熱を下げたいところ。
彼も薬は飲みたがらないタイプなので、解熱に効く大根湯を飲ませます。
それでも下がりません。

高熱にうなされる彼の横で私はトランクに荷物を詰めながら、焦ってきました。
彼は私の気持ちを察したのか、行くように、と勧めます。
しかし彼の高熱は下がらないまま。

私は気持ちを落ち着けて、よく考えてみました。
彼がこの時期に高熱を出すということ。
それはやはり「行くな」という風に解釈するしかありませんでした。
彼は私のKI行きを応援してくれましたが、
忙しい勉強生活と不慣れな家事を両立することに多少の不安があり、
それが熱という形で現れたのかもしれません。

「行くな」というその声は、彼の声のようにも聞こえましたし、
また見えない何か、天の声のようにも聞こえました。

KI出発の前日の朝、私はKIに行かない決心をしました。
主人は私がこう決めたことについてびっくりしていましたが、
やはり安心したのかその後、穏やかな表情で眠っていました。
長く続いた高熱も快方へ。
私は詰めたばかりのトランクの荷物を、またもとの通りに戻しました。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-31 04:16 | macrobiotic

クシマクロビオティックアカデミイ   

カルチャーセンターでの料理教室が終了する頃、
ようやく通いたかったクシマクロビオティックアカデミイに通えることが決まりました。
こちらも大人気のようで、予約はコンサートのチケットを取るかのごとく
朝から電話をかけまくり、ようやく席を確保。わーい。

私の本格的なマクロビオティックの勉強はここからスタートしました。
この教室では、クシマクロビオティックの基礎からきっちり学べます。
マクロの野菜の切り方(通常の切り方とはちょっと違います)、
食材の選び方、陰陽の話、外食時の心構え、
栄養学的に見たマクロへのアプローチなどなど。
私にとってすべてが新しく、驚きで、毎回目からウロコでした。

講義の内容もさることながら、
一番始めに何に驚いたかというと、
この教室に通っている人のすがすがしい雰囲気でした。
皆さん、いろいろな背景を持って同じ教室に集まったわけですが、
とにかくさわやかな雰囲気の持ち主ばかりなのです。そして、肌がきれい!
教室に行くたび、あー早く私もあんな風になりたーい、と願ったものです。
(もちろん講師の先生方の肌はさらにきれい)

また、同じ悩みを持った人と出会えたこともとても嬉しいことでした。
家族の中でたった一人マクロを実践していると、
時々くじけそうになったりしますが、私の他にも悩みつつ実践している人がいるんだ
ということがわかっただけでも、とても心強く思いました。

その頃、私は実家にいて料理ができない環境にいたため、
マクロビ料理を食べるのは週1回のこの教室しかありませんでしたが、
行くたびに楽しくて、元気をいっぱいもらってきました。

いつも教室後に待ち合わせをしていた当時結婚前の主人は
私の表情があまりにも楽しそうなので、不思議に思っていたそう。

その後、NYに来ることになったので、まだbasic1と2しか修了していませんが
帰ったら続きをとりに行こうと思ってます。

教室の1階にはカフェがあり、おいしいケーキや飲み物、
食材や書籍も売っていますので、まだマクロ未体験の方はぜひ行ってみてくださいね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-30 05:04 | macrobiotic

はじめてのマクロビ教室 organic base   

漢方からマクロビオティックを知って、
「これ、私もやってみたーい」と、さっそくレシピ本を買って調理するものの
最初の頃は「この味付けでほんとに合っているんだろうか」と疑問に思いました。
料理だけでなく、その背景にある理論も知りたいし。。。
ちょうど今から2年前位のことでした。

そこでさっそく料理教室を探してみましたが、
時すでに遅しで、どこの教室も定員いっぱい、予約を締め切った直後。
私が知ったのが遅いだけで、すでにこんなに人気なんだとびっくりしたものです。

そんなわけで、最初に通ったのは
職場から近いデパートで開かれていたカルチャーセンターでのマクロビ教室。
カルチャーセンターということもあり、きっちり調理&理論を学ぶというわけには
いきませんでしたが、本物のおいしい調味料を味見させてもらったり、
同じように食に関心の高い人たちの話を聞いたりできたのが良かったですね。
マクロビってこんなにおいしい料理なんだあ、と毎回楽しく通っていました。

それと並行して、organic baseのone day lessenに参加したりもしました。
こちらの教室、マクロビをご存知の方なら、おわかりですよね。
先日紹介した『Organic Baseマクロビオティックと暮らす』の著者、
奥津典子さんの主宰する、家庭的でとっても温かな雰囲気の教室です。

私が参加した回は、たまたま奥津さんが講師でとっても感激したものです。
調理や細かな説明はとても丁寧でわかりやすいものでした。
でも講義や実習の内容以上に印象深かったのが、
実習でつくった料理を食べるときの奥津さんの食べ方。

食べ物を一口口に入れ、箸を置いて、そこからゆっくりと噛むのです。
噛むのは大事と聞いていたけど、ははあ、こうして食事というものはするものなのか~と
とても感銘を受けました。
私にとっては料理教室に行ったというよりも、
奥津さんのマクロに対する姿勢を学びに行った、という方が正しいくらい。
こちらには一度しか行っていませんが、
マクロビを意識し始めた私にはとても印象深い体験で、今でもよく思い出します。

教室は吉祥寺にあります。
最近カフェもオープンしたそうなので、帰国したら行ってみたいところの一つです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-30 04:11 | macrobiotic

そば粉クッキー   

f0134855_3201110.jpg

久々に、主人の同級生の奥様のお宅へ遊びに行ってきました。
そば粉クッキーを作って持っていったのですが、口にあったかしら。
(写真に見えるツブツブはそばの実)

たくさんおしゃべりをして、たくさん元気を頂きました。
女の子はやっぱりおしゃべりしないとね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-29 03:22 | sweets

Organic Base マクロビオティックと暮らす   

f0134855_10505999.jpg母に本を贈るのと一緒に、
姉にはこちらの本を贈りました。
『Organic Base マクロビオティックと暮らす』
(奥津典子 ビジネス社)

私は最初店頭に並んだ時、買おう買おうと
思っているうちにどこにもなくなってしまって、
出版社に問い合わせても在庫切れで
もう読めないのか、と思ったことがありましたが、
その後増刷されたようで、ようやく入手。
いろいろなところで評判を聞いていましたが、私もすごく気に入っている本です。

レシピ本ではなく、マクロビオティックってどんなものかが
書かれている読み物です。
マクロビオティックが何か興味のある方にもオススメ。
マクロビオティックを始めた当初に抱く不安や疑問などが
この本を読むとひとつひとつ解けていきますし、
奥津さんのマクロに対する自然体な姿勢が文章から伝わってきて
安心感を感じてしまうのは私だけでしょうか。

マクロを始めたくても、すぐには始められない姉に
「できることから少しづつ」という奥津さんの言葉が届いてくれるといいな。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-28 11:08 | book

毎日のマクロビオティックレシピ140   

f0134855_10185651.jpg実家の母が誕生日を迎えました。
おめでとう。
直接お祝いしてあげられないので
この本を贈りました。
『毎日のマクロビオティックレシピ140』
(尾形妃樺怜 河出書房新社)

ごま塩や、玄米の炊き方、小豆かぼちゃ、
きんぴらなどの基本からおもてなし料理まで幅広く紹介。
簡単な陰陽の説明や、体験談などもあって読むだけでも結構楽しめる本です。
母のレパートリーが少しでも増えればいいかな、と思ってこの本を選びました。

さて、実家では今、変化が起きているようです。
私の影響もあってか、姉がマクロビオティックに興味を持ち始め、
食事を作る母にいろいろな注文を寄せているよう。

どちらかというとお肉好きで、野菜料理のレパートリーに乏しい私の母。
最近は韓国料理にはまり、キムチ作りに精を出しているとか。(とっても激辛)
小豆かぼちゃの作り方を教えても、
「甘くない!」とお砂糖を入れているらしい(あ゛~)

今すぐマクロビオティックに切り替えろとは言いませんから、
このレシピ本で野菜の味だけでここまで甘くなるんだって、わかってくれたら嬉しいな。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-28 10:48 | book

梅干の効能   

梅干、我が家の冷蔵庫で常にスタンバイ。
そのきっかけになった出来事を2つほど。

その一
日本から台所用品が到着し、NYで最初の料理として作ったのが、梅うどん。
梅好きの主人の妹さんが、塩だけで漬けた
とってもおいしい梅干を日本を発つときに持たせてくれたのでした。

1ヶ月の外食生活で頭はぼんやり、すっきりしない気分が続いていた頃でした。

さっぱりのしょうゆ味のうどんに梅干をのせて食べた瞬間、
主人も私も目を見合わせて、びっくり仰天。
頭の毛穴がぱーっと全部開いた感じなのです。
すごい爽快感。いつも眠そうな主人も目をぱちくり。

梅干のような味ってこちらには(たぶん他の地域にも)ない味なんですね。
外食生活で閉じていた毛穴や細胞が梅干のおかげで一気に目覚めました。

この体験以来、マクロにあまり乗り気でなかった主人も
外食ではちょっと気を使うようになり、
家で私がマクロをやることを歓迎(?)してくれています。
(でもまだ多少の動物性と甘いものが必要な様子)


その二
我が家の朝食の定番は玄米おかゆです。
おかゆには梅干をあわせることが多いのですが、
その朝は、たまには気分を変えてと思い、残り野菜で味噌おじやを出しました。

夕方、主人が大学から帰ってきて一言。
夫「今朝は授業に集中できなかった」
私「?」
聞いてみると、いつもは午前中の授業でも集中できるのに
今日は頭がぼんやりして理解しづらかったというのです。
そして、それは今朝梅干を食べなかったからだと。
そういえばここのところ毎朝梅干を食べ、比較的規則正しい生活が続いていました。

まあ授業をあまり理解できなかったのは申し訳なかったけど、
そのおかげで梅干パワーを実感してくれて良かった、とほっとした私。

物事を直感的に理解する私に対して、
主人は理路整然と、明確な説明によって理解するタイプです。
そんな主人にマクロビオティックを説明するのは、私にはまだまだ難しいのですが、
こうして体感して理解すると主人はすーっと受け入れてくれます。

今では朝の食卓に梅干が並んでいないと、
自ら冷蔵庫に梅干を取りに行く主人です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-27 05:50 | macrobiotic

NY食事情   

NYに来た当初、何が一番大変だったって、やはり私にとって食が大問題でした。
日本から台所用品をすべて船便で送ったため(約1ヶ月かかる)、
NYに到着しても料理はできず、最初の1ヶ月はすべて外食生活だったのです。
(船便到着にあわせて私がNY入りすることも、
様々な条件が重なりできなかったのでした。)

NYのレストランにはたいていベジタリアンメニューがあるので
私はいつもそれらを頼んでいました。

ベジタリアンといってもいろいろな種類がありますし、
マクロとは少し違いますので、チーズたっぷり、香辛料たっぷり、
トマト、アボガド、ピーマン、なすなどなど、極陰の食材たっぷりです。
私はもともと陰性が強いので、これでさらに陰にかたよった気が。
(極陰・陰性って何?と思っている方、今度簡単に説明しますね)
まあ、チーズ久々だからたまにはね、と思って食べた私にも責任が。。。

日本にいたとき、自分なりにマクロに近い食事を心がけていたので、
NYでの食の変化に対して体は敏感に反応しました。
・体臭が濃くなった
・おなかの調子が悪くなった
・朝起きるのが非常につらくなった
・常にだるい、ねむい感じがとれない などなど

この時の体の状態、なんというか毛穴がすべて詰まった感じなのです。
頭はぼーっとするし、すっきりしません。

1ヵ月後、無事に台所用品が届き、マクロな生活に戻すと
これらの症状はだんだん消えていきました。

NYのレストランの中には、おいしいところもありますが、
私の印象として全般的に味が濃いです。
それも調味料の味が濃く、素材の味があまりしません。

日本の料理は、野菜の味、魚の味などが味付けをしてあったとしてもわかります。
だから「この野菜は甘い」とか「苦い」とか。
そんな野菜の持ち味を活かして調理することが多いですよね。

アメリカは日本に比べて土地が大きい(陰性)から、そこで育つ食材も
もともと味が薄く水っぽかったり(陰性)することも考えられます。

そのせいか、NYのレストランで出される料理は、
調味料の味が前面に来ているように私は感じます。
そして世界中から人が集まっている土地柄か、使われている調味料の数が多い。

だから、マクロのような醤油・味噌・塩など
シンプルな味付けに慣れていた私の舌には刺激が大きい。
最近外食は月1・2度程度ですが、
行き先とメニューをよくよく考えて選ぶようにしています。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-27 05:08 | macrobiotic

Uptown Whole Foods   

f0134855_3314966.jpgManaに引き続き
「私のNYでの生きる希望」シリーズ第二段(笑)。

今や私の台所と化しているスーパー
Gary Null's Uptown Whole Foodsです。


Whole FoodsというとTime Warnerやマンハッタン各所にある
Whole Foodsを思い浮かべる方が多いと思いますが、ここはそれとは別物。
名前の通りGary NullさんのWhole Foodsです。

Gary Nullさん、本屋のhearthコーナーに行くと著書がずらりと並んでます。
マクロというよりもベジ寄りな考えの持ち主のようで、
エクササイズや栄養指導、そしてNYでラジオ番組も持っているらしいです。
その考えが反映されていて、このスーパーにはお肉、魚はありません。
(卵、牛乳など乳製品はある)

マクロな食材はほぼ揃います。
野菜はとても新鮮で、他ではなかなか見つけられないごぼうと大根があるのがgood!
他にも、あらめ・ひじきなど海藻たち、玄米・もち玄米・雑穀などの穀物たち、
全粒粉や玄米粉など粉類も豊富。もちろんテンペ・豆腐、梅酢も!
デリコーナーではホカホカの玄米ごはんが炊き上がり、
自然派コスメや洗剤も常備。(焼きたてパンがないのが残念)
私にとっては夢のような空間なのです。

そして何よりも気に入っているのが、明るいお店の雰囲気と店員の態度と元気の良さ。
レジに並んでいると「Next!」と呼ばれます。
ごぼうやだいこんをせっせと買っている私のような客が珍しいのか
「大根はどうやって調理するの?」とか
「君はごぼうを調理できるの?」など良く聞かれます。
(ごぼうや大根はこちらではあまりポピュラーな食材ではないらしい)

他のお店で買い物をしたこともありますが、
私、何か悪いことをしたんだろうかと思えるくらい無愛想。

Whole Foodsの食材はorganicなので多少高めではあるものの、
元気いっぱいの店員さんを見ると、また来よう、と思ってしまいます。

ところで、実は私、このお店をNYに来る前から知っていました。

NYへ出発する日、母が飛行機の長旅の間に読んだらと『ビオ』を買ってくれたのでした。

その中にアメリカのマクロライフについての記事があり、
Whole Foodsの写真と記述がちらりと出ているのです。
「このお店が近くにあったらいいな」と思い、NYに到着してみると
なんと近所に発見。きっと私はこの土地に呼ばれていたんでしょうか。

私のマクロライフを支えてくれるお気に入りのお店です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-03-27 04:07 | shop