<   2007年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧   

白砂糖の害は恐ろしい   

f0134855_4594992.jpg「白砂糖追放強化月間」としまして、
再びこの本を読むことにしました。

『白砂糖の害は恐ろしい』
(甲田光雄・人間医学社)

以前マクロ美風さんの記事でこの本を知り、
ちょうど甘いもの欲求と戦っていた私は
これは読まねばならぬと、
実家に頼んでNYに送ってもらいました。


昭和47年初版で現在第17版。
静かなるロングセラーと言えますね。

内容はタイトルそのままに
白砂糖がいかに恐ろしいかが事細かに書かれています。
前半は、まず白砂糖とは何か、その原料・歴史・製造方法など。

そして白砂糖を摂ると体にどのような害が出るのか、について。
これは正直なところ、
白砂糖の害はこんなにたくさんあるのかと鳥肌・・・ぞっとします。
(そして、その害があまり世に知られず、
白砂糖入りの食品が世にあふれている現実に気づき、またぞぞっとします。)

後半は、著者の甲田光雄さん自身の甘いもの中毒からの脱出記。
ご自身が甘いものが好きで好きでたまらなかったそうですが、
そのせいで虚弱体質・各種病に冒されたそうです。
そこからとてつもない努力をされて甘いものを断たれ、
その後、世間で甘いもの中毒に苦しむ人を助けるお医者さまになられました。

ちなみに甲田光雄さんは他にも少食に関する著書多数。
(帰国したら読まねば。)

リズムの良い文章で、時々吹き出しそうになりますが、
著者自身が甘いもの中毒を抱えていただけあって
その言葉はとても説得力があります。

読後にはきっと「はあ~白砂糖の害は恐ろしい・・・」とつぶやくことになるでしょう。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-23 05:34 | book

布ナプ   

恥ずかしながら、今まで布ナプについて
その存在を知りませんでした。

ブログを始めて、いろいろな方のところで
その情報を見つけ、はじめは「??」と思いましたが
気になったのでさっそく取り寄せてみました。

なぜ、布ナプか?

つまり、使い捨てのナプキンは石油から作られ、化学物を含んでおり、
それが女性の肌に吸収され、残留する可能性が高い・・・というのです。
そのことと各種婦人科系の疾患との因果関係も研究されているとか。
(布ナプを販売している会社のHPに詳しく説明してあるので、
ぜひ読んでみてくださいね。)

肌に触れる・吸収されるという点で
洋服や化粧品選びに気を使うのと同様に
ナプキン選びも、ないがしろにはできませんね。

布ナプを販売している会社は日本にもあるようですが、
私が今回購入したのはSckoonの布ナプ。
アメリカの会社ですが、日本の消費者が多いのか
日本語のサイトがあります。
(デザインも豊富、アメリカ在住の方にオススメ。)

オーガニックコットン使用なので、
その感触はびっくりするほど柔らかい!
今まで体験したことのない肌触りです。

使ってみて改めて、
毎月来る体からのお知らせに
ちゃんと向き合おうという気持ちになりました。

布ナプ、私も知らなかった!という方、
ぜひ取り寄せてお試しorいろいろなサイトで調べてみてくださいね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-22 04:00 | goods

今月の体調   

今月の体調、あまり良くありませんでした。

私の言う体調とはすなわち生理痛のこと。
(男性読者の皆様、すみません・・・)

以前のように倒れることはなかったものの、
ここ数ヶ月の快調ぶりからすると10歩くらい後退。
痛みはあまりありませんでしたが、
体が重く、腰がまっすぐにできず、半日ほど伏せっていました。

理由は明らか。
甘いものの摂りすぎです。

生理時の痛みの原因は
動物性食品の摂りすぎ(極陽)と甘いものの摂りすぎ(極陰)。
私の場合、動物性はほとんど摂っていないので
明らかに甘いものの摂りすぎです。

ここでいう甘いものとは、白砂糖や果物などの単糖類のこと。
白砂糖などの甘いものは痛みの感覚を鋭くするそうです。

我が家には白砂糖や白砂糖を含む食品はありません。
しかし、今月は外出先で、甘いものを食べることが多かったのです。
(もちろん自分でこうなることは予想して腹をくくって食べましたが。)

急に暑くなったことで、
冷たいものも口にしてしまいました。

白状しますと、
アイスクリーム、ケーキ各種、果物、コーヒー、アルコール、乳製品、なす・・・・

どれもマクロビオティックで避ける食べ物たちですね、はい・・・。
それぞれの量は少しでしたが、
これまでしばらく避けてきた食品を久々に摂ったので
体がびっくりしたのでしょう。

ここは気を取り直して、体の立て直しをはかります。
特にこれから1ヶ月は「白砂糖追放強化月間」にしたいと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-22 03:23 | macrobiotic

あと2ヶ月   

先日、主人が無事大学院を卒業しましたが
私たち夫婦はあと2ヶ月ほどNYに滞在します。

これから帰国直前まで、
主人はもうひと勉強するのです。

おそらく主人にとっては勉強一色の2ヶ月となるでしょう。

さて、私は・・・??
残り2ヶ月の間に何ができるだろうかと考えてしまいました。

私がしたいことに走って、主人の勉強の邪魔をするわけにはいきませんし、
それに今のところ私が一番したいことはマクロビオティックの勉強と実践のはず。

ここは主人の頭がしっかり冴えるように
玄米ごはんをおいしく炊いて、ごま塩に念を込めてすりましょう。

そして掃除!
家の中をぴかぴかにして、いい気が流れるように掃除に励みます。

せっかくNYにいるのに消極的!という声が聞こえそうですが、
これが私にできることだと思うんですよね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-20 03:52 | life in NYC

菜の花ちらし   

f0134855_11263237.jpg

菜の花ちらしを作りました。
ささやかながら、卒業祝い。

ちなみに右上はキャベツと玉ねぎのミルフィーユ(味噌味)。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-19 11:29 | meal

卒業式 2日目   

f0134855_6245074.jpg

17日は主人の所属する修士課程の卒業式が行われました。

この日は卒業生のスピーチ(←どれも感動的)、
dean、教授のスピーチがありました。

その後、一人づつ名前を呼ばれ壇上へ。
deanと握手をします。
日本の卒業式のように卒業証書授与というのはありません。
(ちなみにdiplomaは16日に廊下で配られていました。)

赤ちゃんを抱っこしたり、お子さんの手を引いて
壇上に上がられる方が何人もいて、それも印象的でした。

式終了後、レセプションへ。
世界中から集まった同級生と記念撮影。
これからみんなそれぞれの道に進みますが、
いつかまた会えたらいいな。

私はこの日、久々に主人の同級生にお会いしましたが、
どの方も一つのことを成し遂げた達成感から
以前お会いしたときよりも、
たくましい顔つきになっているように思えました。

私の主人も一回り大きくなったように見えます。

今まで大変だったけど、本当によくがんばったね。
卒業おめでとう。


f0134855_6253584.jpg
←2日間の卒業式のパンフレットと
  記念のグッズ。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-19 06:51 | life in NYC

卒業式 1日目   

f0134855_5525044.jpg

主人が卒業式を迎えました。

卒業式は全学部合わせて大学全体で行われる日と
主人の所属する修士課程向けに行われる日の2日間に渡ります。
16日に全体の卒業式が行われました。

普段は芝生の緑がまぶしいキャンパスが人で埋め尽くされ、
巨大スクリーンがいくつもセットされていました。

卒業生は全員、大学のシンボルカラーのブルーの色のガウンを着て、
「威風堂々」の曲と共に入場。圧巻です。

大学のpresidentの話に続き、各deanの話があります。
卒業生は自分のdeanが出ると大きな歓声をあげたりして盛り上げます。
見ている側もそのパフォーマンスが面白く、
長時間に渡る卒業式もとても楽しめました。


これまで毎日、夜遅くまで
主人が分厚いテキストと格闘している姿をそばで見てきた者として、
卒業という日を迎えられて、とても嬉しく思いました。
この日の卒業式はそんなことを思い出させてくれる
感動的な式でした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-19 06:23 | life in NYC

Hangawi   

主人が卒業式間際の開放感から
今日の夕食は外で。

前から行こうと話していた、
ベジタリアン仕様の韓国料理Hangawiへ。
(32nd Street. bet. 5th & Madison Ave.)

韓国料理というと、焼肉!と思われる方は多いのでしょうか。

実は、以前私は韓国にいたことがありまして、
確かに韓国の焼肉はおいしいですが、
韓国料理は決して肉だらけではないんですよ。
すべての料理が辛いわけでもないし。
(このお話はまた後日。)

Hangawiは全席座敷のとっても落ち着いた店内。
今回はコースで頼み、ゆっくりと食事をいただきました。

f0134855_459262.jpgこちら、starter 1.
黒ごま粥とかぼちゃ粥の
どちらかを選びます。
韓国のお粥は生米の段階で
すりおろしてしまうので
こんなふうにクリーム状なのです。
どちらもほどよい甘さでおいしいー。
f0134855_4595436.jpgStarter 2.
冷製チャプチェ。
チャプチェは私もよく作りますが、
こんな風にさっぱり味にできない(><)。
レモンがきいています。
f0134855_501638.jpgAppetizer 1.
三種類のジョン。
(日本ではチヂミと言いますが
韓国ではジョンと言います)
ねぎ、にら、キムチの三種類。
f0134855_503615.jpgAppetizer 2.
豆腐のはさみ揚げ&レモンの詰め物。
豆腐とレモン中には
炒めたきのこと野菜が入っています。
f0134855_505710.jpgappetizer 3.
揚げきのこの甘酢あんかけ。
きのこはマッシュルームと椎茸の2種。
甘酢あんは甘すぎず、ちょうどいい。
f0134855_511942.jpgEntree.
2種類から選びます。
五穀米とナスときのこの炒め物。
写真には写っていませんが
テンジャンチゲ(日本の味噌汁に近い)
がついてます。
五穀米がとっても甘く
炊き上がってました。
f0134855_514663.jpgこちらはテンジャンチゲとビビンバ。
コチュジャンはほんの少しにしてもらいましたが、久々だったので私には辛かった。

私が好きな韓国野菜トラジ
(ききょうの根っこ)が入っていて
懐かしかったー。

テンジャンチゲも辛くないです。

f0134855_4581469.jpgDessert.
豆腐プディング。
レモン味です。
豆腐臭くなく、レモンですっきり。
すごくクリーミーで、そのまま出されたら
豆腐だってわからないのでは。

こういうの作れるようになりたいなー。



ベジタリアンの韓国料理と聞いていたので
精進料理をイメージしていましたが、
写真を見てもわかるように「ベジタリアン」料理でした。

他のメニューにも、豆腐やきのこを使ったメニューが多いです。
ベジにとっては貴重な蛋白源ですからね。

味付けは全体的に、優しいです。
韓国料理ははっきりとした味で、
塩辛い料理が多いのですが、
こちらの料理は調味料の味で舌が飽きることない、
優しい味付けなのです。

こういうベジな韓国料理店、日本にもあるのかな。

f0134855_4575177.jpgこちら、店内にあった本。
NYのvegan restaurantガイド。
初めて見ました。
NYはvegan friendlyな街ですから、
こういう本があってもおかしくないですね。

この表紙がなかなか笑えます。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-15 06:13 | restaurant

玉ねぎのピザ   

f0134855_117725.jpg
調子に乗ってもう一枚。

炒めた玉ねぎが甘ーい。
オリーブの実がなかったので、冷蔵庫にあまっていたピクルスをのせましたが、
やはりオリーブが合うと思います。
次回はそれで作ろう。

ピザって意外と簡単でした。
生地に季節の具をのせればいいだけ。
ホカホカごはんに具をのせれば出来上がる
丼物と発想は一緒?と思いました。

生地もほとんどパン生地と同じですが、
パリパリのピザ生地でした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-14 11:21 | breads

ジャガイモのピザ   

f0134855_10533819.jpg
ピザができました!

味付けは塩とこしょう、ハーブのみ。
シンプルだから、ジャガイモや生地の味がよく味わえます。
おいしかったー。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-14 11:05 | breads