<   2007年 05月 ( 42 )   > この月の画像一覧   

ごま塩について (2)   

マクロビオティックでは、
季節や気候、年齢、性別などによって
食材や調理の仕方を変えて、調整します。

私もこの点はまだまだ難しいのですが、
恵比寿にあるクシマクロビオティックアカデミイに通っていたとき、
ある方が質問しました。

「家族で同じものを食べていますが、
特に主人と私というように男女で
調整するにはどうしたらよいでしょうか?」

その日の講師はパトリシオ先生。

男性は陽性寄り、女性は陰性寄りなので
それを維持できるように調節することが大切です。

男女で食事を調節する方法としては、

・男性には・・・白身魚などの動物性食品を添える
         油、塩気などを濃いめにする

・女性には・・・ゆで野菜などさっぱりした野菜料理を添える
         油、塩気を控えめ・薄めにする

などがありますが、ふりかけでも調整できるというお話でした。

男性にはごま塩を
女性はゆかりを  という具合に。

ごま塩は陽性寄り、ゆかりは陰性寄りなのです。

男女間の調整だけでなく、
最近陽性・陰性に偏っていると感じた場合も
こうして調整すると良いそうです。

だから食卓に2種類のふりかけを常備しておくと便利ですよ、と。


ちなみに、ごまには
黒ごま、白ごまがあります。
ごまは形は同じなので色で陰陽を判断します。
黒ごまは陽性寄り、白ごまは陰性寄り。

なので、
男性や陽性にしたい方は、黒ごまを、
女性や陰性にしたい方は、白ごまを、と言われています。

私も今は黒ごまでごま塩を作っていますが、
今あるゆかりが切れたら、白ごまを作って
2種類のごま塩を食卓に並べてみようと思ってます。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-14 06:07 | macrobiotic

ごま塩について (1)   

玄米ごはんにごま塩は欠かせません。
玄米ごはんはそのままでもおいしいのですが、
ごま塩をふりかけるだけで、
ごはんの甘みがさらに感じられてもっとおいしくなるのです。

ごま塩の作り方は、
恵比寿のクシマクロビオティックアカデミイで習いましたが、
目からウロコだったのを覚えています。

その日の講師は中島デコさん。

ごま塩作りのポイントは、
・作る人の気がそのまま入るので、丁寧に作る。

・ごまをするときは、手に力を入れるのではなくて、
 「丹田」に力を入れること。

・必ず一定方向に回すこと などなど。

特にこの「一定方向」ということについてある方が質問しました。

「あの~、右回しと左回しはどちらにした方がいいんでしょう?」

これを聞いて私の隣の方は、「え~!」と叫び声をあげています。
私もそんなこと考えたこともなかったので、びっくり仰天。

そう、マクロビオティックでは、右回りと左回りに意味があるんです。

つまり
右回り→陽性回り→エネルギーが入る・固くなる・硬くなる
左回り→陰性回り→エネルギーは適度・柔らかくなる・ゆるくなる

ちなみにこれは北半球の場合。
南半球だと逆になります。

ごま塩だけでなく、お鍋の中身をかき混ぜるとき、
コーヒーなど飲み物をかき混ぜるとき、
自然と無意識のうちにどちらかの方向にかき混ぜてるはずです。
ちょっと意識してみると面白いですよ。
自分の心と体が「これは陰性に、これは陽性に」と判断してくれているんでしょうかね。

だから、ごまをする腕が痛くなったからといって、
右左、ごちゃ混ぜにするのはエネルギーもごちゃ混ぜになって
混乱したごま塩になってしまいますので、
一定方向に回してするのが大事なんです。

教室では、地球の自転と一緒の方向に・・・ということで
左回り(陰性回り)で作りました。

でもその後、自分ひとりで作るようになっても、自然と陰性回し。
私の心と体が求めているのかな。

ごま塩は何度作っても奥が深いです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-14 05:43 | macrobiotic

ごま塩   

f0134855_456098.jpg
ごま塩を作りました。
玄米ごはんには、ごま塩が欠かせませんよね。

主人が友人の食事会に呼ばれて留守なので、
一人でゆっくりとすりすり。

左はゆかり(これは市販品・・・ゆかりもいつか手作りするんだ)。

食卓にのせる、ふりかけ入れをずっと探していました。
「木製で、スプーンが入って、ふたつきで・・・」
と私の中ですっかり出来上がってしまったイメージ。
そして、NYでたまたま入ったお店で
私のイメージぴったりのこの入れ物を発見!

以来、愛用していて
我が家の食卓にはいつもこのセットが並びます。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-14 05:07 | meal

手作り化粧品   

f0134855_4332320.jpg
日本クラブの1日講座で作った化粧品がこちら。
左上:リップ、右上:ローズウォーターの化粧水
左下:クレイのパック、右下:ラベンダーのスクラブ。

講師は小幡有樹子さん。
日本でも手作り化粧品の本を出している方なので
ご存知の方もいるかもしれませんね。

作り方はどれも簡単。基本的に混ぜるだけ。湯煎にかけたり
自分の肌で試しながら、自分好みを感触・香りのものができました。

お話を聞いて、実際に作ってみて思ったのは
化粧品も食べ物と一緒、ということ。

実際作るときも、作り方は「レシピ」と言うし、
使う道具も材料も台所にあるもの。

小幡さん曰く「肌は体よりも敏感です。」

そうですよね。体は多少悪いものを食べても、どうにか大丈夫。
悪い影響に気がつかないことさえありますが、
肌に合わない物をつけると、すぐに赤くなったり痒くなったりして
自分でわかりますよね。
なんだ、肌も化粧品を食べてる(吸収している)んだ、と思いました。

もともと私はあまり化粧をしない方なので
今持っているのも市販の基本的なものをごく少数使っていましたが、
最近それらを使うと肌ががっさがさになって困っていました。
なのでここ数日は、とにかく何もしないことにしていました。
でも今回作ったものは、しっとりして良い感じです。

私の肌についての最終目標は
化粧品がなくても、食べ物によって
体の内側からきれいな肌を手に入れることですが、
まあ、時々身だしなみ程度にお化粧をするときに
こういった手作り化粧品の力を借りるのも良いかなと思いました。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-13 04:57 | goods

ミラクルの連続   

ふぅ~、今日はすごかった!
今日一日、すべて偶然の出来事が
次の出来事につながっていました。
きっと偶然ではなくて必然なのですよね。
あまりの興奮に今日は眠れないかも。

さて、それは午後始まりました。

今日は午後から日本クラブ(NYにあるカルチャーセンター的存在)で
天然素材のお化粧品作りの講座をとる予定でした。

日本クラブのあるミッドタウンには久しぶりに行くので、
早めに行って近くのWHOLE FOODSでお買い物。
久々に行くと楽しい~。
買い物を済ませ外に出ると、予期せぬ雨が・・・

こちらの人は雨でも傘をささずに歩く人も多いし
私もそんなに時間に余裕もなかったので、
雨の中を歩き出しました。

しばらく歩くと、隣を歩いていた見知らぬおじさんが
「この傘あげるよ」と私に差し出します。
「?!」
傘は少し折れていましたが、十分使えそうなもの。
「ちょうど新しい傘を買おうと思っていたんだ」
とおじさんは私に傘を渡し、あっという間に目の前のお店の中へ・・・。
あぁ、おじさんかっこいい。素適です。そして、ありがとう!
おかげでほとんど濡れることなく日本クラブに到着。

日本クラブの化粧品作りの講座は、今日一日で完結の講座。
友人が以前とっていたこともあり、楽しみにしていました。
身近な食べ物が原料で、
作り方も簡単&シンプルな化粧品が作れました。

終了後、講座でたまたま隣に座っていた方と
「お茶でもしましょうか」と近くのスタバへ。

なんとここでもびっくり!
この方、天然酵母にはまって本格的に自宅でパン作りをしているというのです!
「え~!私も天然酵母でパン作りしてまーす!」と話がはずむはずむ。
マクロビオティックは実践されてはいませんが、ご存知。
私も興味のあるヨガも重曹生活も実践されている!!
私の話が全部通じる!
「やっぱり食物や健康に気をつけるって大切ですよね~」とか
「日本は便利でなんでもすぐに買えるけど、
NYにいると自分の感覚の合わないものもあるから
何でも自分で手作りしたくなりますよね~」とか
とすっかり意気投合してしまいました。
この出会い、素晴らしい。ありがとう!

私があまりの興奮にご飯が作れそうにない~&いつもより帰宅が遅い~ため、
夕食は近所のManaでいただくことにしました。
(主婦なのに、すみません)

主人と店内に入ると・・・
なんとHarlem de Macrobioticを書かれているmofbさんとばったり!
せっかくなので一緒に食事をすることにし、
素適な時間を過ごしました。ありがとう!

とってもミラクルな一日でした。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-12 13:42 | macrobiotic

初プチパン    

f0134855_3493964.jpg
新たに起こした酵母で、今日はプチパンを焼きました。
表面は少しかため。
酵母のしっかりとした味と香りが楽しめます。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-11 04:04 | breads

コーヒーについて   

前記事で穀物コーヒーが出てきましたが、
マクロビオティックをあまりご存知でない方には
馴染みの薄い食品かもしれませんね。

穀物コーヒーはその名のとおり、穀物を原料としているコーヒー。

f0134855_11234813.jpg←我が家に常備してある穀物コーヒーはこれ。

原材料を見ると、
「煎大麦、煎ライ麦、
煎チコリーの根、煎てん菜の根」
となっています。

マクロビオティックでは、
通常のコーヒーは刺激が強いため
(→陰性が強いと考えます)、
避ける・なるべく避ける食品としています。


カフェインについての話はみなさんご存知かと思います。
コーヒーのカフェインが強すぎて、
夜眠れなくなった経験がある方もいることでしょう。
カフェインの体への影響ってすごく大きいんです。

では、デカフェのコーヒーはどうかというと、
これも完全にカフェインフリーではなく、微量のカフェインが含まれています。
外で他に選択肢がない場合、私も時々デカフェを飲みますが、
今の私の体にはちょっときつく感じます。
(通常のコーヒーよりマシですが。)
デカフェのコーヒーもマクロビではなるべく避けます。

そこでマクロビでよく登場するのが穀物コーヒー。
ノンカフェインで、味・香りともにコーヒーそっくり。
通常のコーヒー党の方には薄い味に感じられるかもしれませんが、
この深い味と優しい香りは他にはなく、
ぜひ一度試していただきたいものです。

穀物コーヒー以外には、
私はまだ試したことはありませんが、
タンポポコーヒーや小豆コーヒーというのもあるんですよ。
コーヒーってコーヒー豆だけじゃないんです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 11:54 | macrobiotic

穀物コーヒーゼリー   

f0134855_10591584.jpg
今回はレシピ本は参考程度に、
自分なりに作ってみたのですが、
食べてみて理想的な仕上がりだったのでびっくり!

寒天で固めたのに通常のゼリーのような柔らかさにできました。
おいしかったのでまた作らなきゃ。

<作り方>2人分
穀物コーヒー 大さじ2
水        250cc
米あめ     大さじ1と1/2
寒天フレーク 小さじ1
塩        少々

材料をすべて小鍋に入れて、よく混ぜる。
火にかけ沸騰させたら、弱火で10分。(途中焦げないように時々混ぜる)
器にもって、粗熱が取れたら冷蔵庫へ。
仕上げに豆乳をかける。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 11:19 | sweets

豆腐の照り焼き丼   

f0134855_3455770.jpg
オペラを見に行く前に家で夕食を済ませていきました。
(劇場まで30分で行けてしまうのです!素晴らしい!)

前から作ってみたかった、豆腐の照り焼き丼。
レシピは月森さんのレシピ本参考。

豆腐を揚げ、たれを絡めて青菜をのせたごはんの上に置くだけ。
照り焼きのたれのレシピは、
本では おろし玉ねぎ+醤油+みりん+米あめなど となっていますが
米あめを切らしていたので、玉ねぎ+醤油+りんごのすりおろしに変更。
りんごのおかげでさっぱりした感じです。

ボリュームもあり、割としっかりした味付けなので男性にもオススメ。
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 03:47 | meal

METオペラ トゥーランドット   

昨日はMETオペラのトゥーランドットを観てきました。
METオペラも今週でシーズンが終わりということで
この夏帰国する主人と私にとっては見納めです。

さて、このトゥーランドットの舞台、とにかくすごかった。
歌もさることながら、舞台のセットや衣装が豪華絢爛。
こんな豪華な舞台って今まで見たことありません。

歌も本当に素晴らしかった。
特にリュー役の歌手がとても聴かせてくれて感動的でした。

オペラも日本に公演に行くことがあると思いますが、
METというこれまた豪華な劇場が
舞台の魅力をさらに引き立てているように感じます。
日本にはそういった劇場や環境がまだないのが残念ですね。

帰宅後、主人と私は、スケートの荒川静香の演技
(トリノ五輪の時の演技はトゥーランドットの曲なのです)をネットで見つけ、
さらに余韻に浸っておりました~^^
[PR]

by shellpink42 | 2007-05-10 03:39 | life in NYC