<   2007年 06月 ( 24 )   > この月の画像一覧   

爪もみ   

爪についてのお話をもう一つ。

私が暇さえあればやっているのが「爪もみ」です。

日本の本屋でも「爪もみ療法」についての本が並んでいるので
ご存知の方も多いのでは?

さて、爪もみとは?

両手の各指の爪の生えぎわの両側の角を刺激&もむのです。
爪の生え際の角の辺りにはツボがあり、
そこを刺激することで様々な効能があるそうです。

血流がよくなったり、免疫力が高まって、いろいろな病が改善されたり・・・。

副作用がなく、いつでもどこでも手軽にできます。

各指には対応する臓器があり、
爪もみをすることで、それら臓器に関する病が改善される、そうなんです。
恵比寿の学校でも、各指の意味についてチラッと聞いたことがありますし、
マクロビ向けに書かれた指圧の本にも似たような話が合ったような・・・。

さて、気になる指と各臓器&病の対応は・・・
親指:肺などの呼吸器
    (アトピー、せき、ぜんそく、リューマチ、ドライマウス、円形脱毛症、がんなど。)

人差し指:胃や腸などの消化器
      (潰瘍性大腸炎、クローン病、胃・十二指腸潰瘍、胃弱など。)

中指:耳の症状(耳鳴り、難聴など。)

小指:心臓や腎臓などの循環器
    (脳梗塞、ボケ、パーキンソン病、物忘れ、不眠、メニエール病、高血圧、糖尿病、
     痛風、肩こり、腰痛、椎間板ヘルニア、動悸、頭痛、腎臓病、頻尿、尿漏れ、
     精力減退、肝炎、しびれ、肥満(ダイエット)、生理痛、子宮筋腫、子宮内膜症、
     更年期障害、顔面神経痛、自律神経失調症、パニック傷害、うつ状態、老眼、
     目の病気など。)

ちなみに薬指は基本的に刺激しません。
薬指は交感神経(病気の大半は交感神経優位の状態で起こるとされる)を
刺激することになるからです。
(最近はすべての指を刺激した方が、
免疫力をつかさどる白血球のバランスが整いやすくなるとして、
薬指をもんでも良い、という話もありますが、詳しいところは私も??です。)

爪もみの方法は・・・
・爪の生えぎわの辺りを、反対側の親指と人差し指でつまむようにしてもみます。

・各指を10秒くらいずつ。
何か改善したい病がある場合は、それに対応する指を20秒もみます。

・1日2~3回(5回は多いらしい)。

・少し痛いと感じる程度の強さでもみます。

・下半身の症状を治したい場合は、足の爪もみが効果的。

私はお風呂の中や、信号を待っているときとかにやるようにしています。
8本の指をすべて10秒ずつもんだとしても2分もかかりません。

そしてやってみると、日によって痛い感覚が違うのがわかりますし、
私の場合、爪もみをすると何となく、リラックス&ほっとします。

効果が現れるのは約3ヵ月後とか。
そして継続しないと、効果も薄れるそうなので、
興味のある方は気長にやってみてくださいね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-18 04:57 | macrobiotic

爪の変化   

マクロビオティックを始めて、爪に変化が現れました。

最初の変化が現れたのは2年ほど前。

マクロビティックは知ったけれど、自分で実践できる環境になく、
とりあえず肉類を避け始めた頃、
両手の親指の爪に横筋が入りました。
横筋、いや爪が波打ったようにも。

爪に筋が入ったり、波打つのは
あまり良いことだとは言われないですよね。

その頃は、少しかじり知っただけのマクロビを、
「普通の食事からとにかく肉を抜けばいいんだ」と
勘違いしていた部分もかなりあり(汗)、
豆や海藻を意識して摂らずにいたため
かなり体が偏っていたのかもしれません。

でも本人は案外気にせず、
「食べ物を変えることで、体が変わってきた証拠だわ」と楽観視していました。

その後、自分でマクロビ生活を実践開始。

試行錯誤のマクロビ料理を作る中、
横筋は何回か現れては消えましたが、
一番最初の横筋が一番深かったように思います。

爪に変化が現れるのは
その3ヶ月前頃の食事が影響していると聞いたことがありますが、
私の場合も確かにそのようだと思います。

一番最近の横筋は今年の冬でしたが、
ちょうどその数ヶ月前、かなり厳格マクロを実践中でした。

今は筋はなく、かなり滑らかな爪になりました。
割れることもなく、丈夫です。

現在も私の爪は変化中。
最近発見した爪の変化は2つ。

・1つ目
これまでずっと細かな筋があった薬指の爪の筋が消えてきたこと。

特に薬指の爪は指先から見るといびつな半円だったんですが、
最近丸い半円に形が変わりつつあるようです。

・2つ目
半月が出てきたこと。
(半月→爪の生え際にある白い半円のこと)

これまで私の両手には親指、人差し指、中指にしか半月がありませんでした。

・・・が、この数週間で薬指にまだ小さいですが半月が出てきました。
しかも両手に。
この数日間に右小指にもうっすら半月が見え隠れ。
これは体に良い変化が起こっている証拠なのか・・・!とちょっと期待。

半月については、新陳代謝がいいと出てくるという話もあります。
確かに以前電車で手すりにつかまる子供の爪を何気なく見たら
はっきりくっきり大きな半月があってびっくりしました。

ここのところ、暇さえあれば爪を眺めている
(はたから見ると、ちょっと危ない?)毎日です。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-17 05:35 | macrobiotic

ABTバレエ マノン   

突然ですが、私バレエ大好きなんです。

小中高と5年間だけバレエを習っていたことがありまして。
それはそれはヘタでどうしようもなかったんですが、
とにかく観るのも踊るのも大好きでした。

そしてこの木曜日、私が高校生の頃から知っていて、
いつか観たいと思っていた人の踊りをやっと観ることができました。
アレッサンドラ・フェリです。
しかも彼女、今シーズンで引退。
これは見逃すわけにはいきません。

今回の演目は、彼女が得意とする「マノン」。
今シーズンの彼女が踊るマノンの最後の舞台でした。

とにかくすごい。
フェリが舞台に出てきた瞬間から空気が違う。
私は目が釘付け。
そしてフェリは技術もさることながら、その表現力・演技力がすごいのです。

バレエは当然ながら言葉はなくすべて踊りによって表現するわけで
いつも私はバレエを観るたび、人間の身体はここまで踊り・動きによって
感情表現できるのかと、感嘆してきました。

ところが、彼女の身体・そしてその踊り・動きは
今まで見たどんなバレエよりも雄弁でした。
身体全部が語っているんです。
フェリの身体からマノンの感情があふれ出していました。

特に、第一幕の寝室のパ・ドゥ・ドゥは本当に感動!
そして第三幕の沼地のパ・ドゥ・ドゥ、すばらしい!
あまりに感動・感激してほんとに泣けてきました。
素晴らしかった!!!
おそらくこの日、フェリが全身全霊をかけて踊った
こんな素晴らしい舞台を観れたことを幸せに思います。

来週はフェリの最後のステージ、「ロミオとジュリエット」を観に行きます。
しばらくフェリの与えてくれた感動はやみそうにありません。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-16 11:53 | life in NYC

豆腐スコーン?パン?   

f0134855_1192661.jpg

ソイヨーグルトスコーンがあっという間になくなりそうだったので、
早速ヨーグルトの代わりに豆腐で挑戦。

豆腐でも案外簡単にできました。

ソイヨーグルトのレシピのヨーグルトの部分をそっくり豆腐に変更。
その他メープルシロップと菜種油を加えてみました。

油が入ったからか、成型してる段階からパンのよう。
出来上がるとメープルシロップの香りがしてホットケーキのよう。

これはどうもスコーンではなく
パンと呼んだほうが良いですな。

ま、ヨーグルトでなくても
スコーンもどきパンができるということを確認できただけ良かったかな。

豆腐入りしっとりパンとして、
我が家の定番おやつになるよう改良していきます。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-16 11:23 | sweets

ソイヨーグルトスコーン   

f0134855_1183374.jpg
時々ヨーグルトを買います。
ヨーグルトと言っても牛乳ではなく
大豆生まれのsoy yoghurt。

日本では見たことがないんですが、
こちらには普通のスーパーにいろんな種類がずら~っと並んでいます。
お味もなかなか。
日本には豆腐があるのですから、
ソイヨーグルトがもっとあってもいい気がしますが・・・。

さて、大豆生まれといっても
ヨーグルトは陰性寄りなので、普段はあまり食べません。
ときどき安いときに買って楽しむ程度。
そして、こんなスコーンを作ったりします。

普通のスコーンはボロボロ・パサパサですが、
これはしっとりモチモチスコーン。
そしてフライパンで焼くのでお手軽なのです。

焼きたてのいい香りに誘われて、出来たそばから主人がぱくぱく。
あわてて写真を撮った次第。

今度はヨーグルトの代わりに豆腐でチャレンジしてみます。


リクエストにお応えして、アバウトですが・・・
<作り方>6個分
無漂白薄力粉     200g
塩            小さじ1/3
ベーキングパウダー 小さじ2
ソイヨーグルト     小さなパック一つ分
レーズン        30g

粉類を混ぜる→ヨーグルトを加えて混ぜる→さらにレーズンを入れて混ぜる
→6等分して成型→フライパンを温め菜種油を敷き、中火~弱火でふたをして焼く
→きれいな焼目がついたら裏返して焼く。

*ヨーグルトの味にあわせて、甘くしたければメープルシロップを加えたり
  レーズンの量を調節してみてください。
*成型のとき、ほどよく手にくっつかない程度の固さ・粉の量だとふっくら焼けるようです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-14 11:22 | sweets

Souen   

グリーンマーケットに行くと
たいてい立ち寄るのがここ。

NYで30年以上営業しているというマクロビオティックレストランです。
(13th St. 5th Ave.& ? ← 通りの名前がよくわかりませんが、
ユニオンスクエアから、とにかく近い。)

オーナーが日本人ということもあり、
まじめなマクロビオティック食を出している、というのが私のイメージ。

f0134855_122338.jpg平日はランチメニューがあり、
3種類選びます。
今回は、garden roll、
steam vegetable、
soup of the dayを選択。

ここのかぼちゃが
これまた甘くておいしい!


以前冬の週末に来た時は、和定食のようなメニューがあり、
出てきたけんちん汁が甘くておいしかったー。
もちワッフルなんていうのもありましたよ。

f0134855_123489.jpgお友達との話にも花も咲いて、
デザートを注文。
左手前:tofu pie
豆腐の臭みがしません!
夏向けさっぱりデザート。
右奥:carob muffin  
チョコチップに見えるのがキャロブチップ。



お友達と随分長いことおしゃべりしていましたが、
その間、客足は途絶えることなく、ひっきりなしに入ってきます。
男の人も結構います。
そしてsteam vegetableを注文している人が多い。
みんな何がおいしいか、よくわかっているんですね。

お店の雰囲気も可愛らしく、冷房も強くなく(←これ大事!)
居心地のいいレストランです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-11 12:18 | restaurant

Green Market   

先週、お友達と一緒に
久々にユニオンスクエアのグリーンマーケットに行ってきました。

グリーンマーケットは、NY近郊の農家の方たちが
マンハッタン内の広場や通りで定期的に店を出し、
とれたての食料品などを売っている市場です。

扱っているのは主に野菜や果物が多いですが、
花や観葉植物、卵や、お肉、魚、チーズ、パンを売っているところもあります。

マンハッタンの中ではこのユニオンスクエアのグリーンマーケットが
一番規模が大きいらしく、月水金土に開かれています。
(土曜が一番店も人でも多いです。)
曜日によって来ているお店も異なり、行くたびに発見あり。

初めて行ったときは、見たこともない野菜がいっぱいあり、
またどれも新鮮なので、これは楽しい!とすっかり大好きになりました。
いつもあれもこれもと買いたくなります。
f0134855_114211100.jpgf0134855_1142342.jpg
f0134855_11425684.jpg
今回行くのは久々。
陽気がすっかり春から夏になったため、
野菜たちも青菜が目立ちます。

普通のスーパーに並んでいる
コーンはまだ見当たらず、
トマトもやっと出てきた感じです。


ここに来ると、旬の食べ物の移り変わりがよーくわかります。

今回の収穫は、
水菜、スナップエンドウ、かぶ、ケール。
夏に向けて青菜がおいしい季節になりましたね。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-11 11:52 | shop

自由の女神&エリス島   

f0134855_12243471.jpgNYと言えば、ここですね!
自由の女神!
とうとう行ってきました。

NYに来て10ヶ月経過していますが、
奥様友達と共にようやく
自由の女神&エリス島に行ってきました。

バッテリーパークから船に乗り、
(今の季節の船は気持ちいい~)
まずは自由の女神の立っているリバティ島へ。

以前は女神の冠(?)のところまで上がれたそうですが、
テロ後は台座までしか上がれません。
まあ、私たちは台座にも上がらず、女神を下から眺めるだけで十分でした。

f0134855_12305556.jpgちなみにこれは
リバティ島から見たマンハッタン。
小さな島にビルがにょきにょき。
この景色はやはり、
マンハッタンならではですねぇ。

自由の女神の周りをぐるっと一周し、
再び船に乗り、エリス島へ。


エリス島は皆さんもご存知の通り、
その時代、世界中から来る多くの移民を
一番最初に迎え入れたアメリカの玄関口です。

今は博物館となっていて、エリス島の歴史、移民の歴史を知ることができます。

個人的には、正直まったく期待していなかったんですが、
この博物館すごく面白かった!

館内を無料で案内してくれるツアーに参加して
説明を聞いて回ったのですが、
実際の移民への審査がどのように行われていたのかを知ったり、
当時使われていた場所で、同じく当時のベンチに座ったり、道具を見たり。
移民してきた人たちがどんな思いで故郷を去り、
またアメリカでとてつもない苦労をして生活を築いてきた様子などが
写真や説明書きから伝わってきて、当たり前ですが、
あーこれがこの国の歴史なんだな、と再認識しました。

今でも各民族が一定の地域に集まって暮らしていることが多いですが、
きっとそういったコミュニティは今よりももっと大きな意味を持っていたでしょうし、
心の拠り所だったんだなと感じました。
そしてそんなことを知った後で自由の女神を見ると、
なんだかとても感慨深い風景に思えました。
(まったく月並みな感想ですみません・・)

予想外に面白くて、奥様たちと一緒に午後いっぱいじっくり見学。
歴史好きにはオススメの博物館だと思います。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-08 13:01 | life in NYC

大根のきんぴら(重ね煮)   

f0134855_4104861.jpg
最近の夕食。

一番左のおかず、重ね煮で作った大根のきんぴら。
これはおいしい!

普通に炒めて大根のきんぴらを作ると
しなっとしてしまいますが、これはシャキシャキ!
大根のほかににんじん、れんこんも入ってます。

レシピは船越康弘さんの『わらのごはん』から。
鍋に油を敷き、野菜と塩を重ねて、水も入れず、弱火でじっくり、ひたすら待つ。
甘いきんぴらができました。


注)真ん中のおかずは納豆ではありません。
レンズ豆の煮物。最近のお気に入りなのです。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-07 04:15 | meal

カツ丼   

f0134855_5494257.jpg

最近作ったごはん。
出来立てを早く食べたくて、焦った挙句、写真に失敗しました^^;

カツと言えば、やっぱりカツ丼ですね。
食卓に並べると「おお~!」と、主人の目は輝いておりました☆

カツの中身はセイタン。お肉ではないけど、この食感はお肉そのもの。
じっくり炒めて甘くなった玉ねぎと一緒にごはんの上へ。
卵の代わりにくずでとろみをつけてます。

そういえばこの間食べたcandle79のセイタンカツ
衣がサクサクでおいしかったな。
今度は私も衣に一工夫だ。
[PR]

by shellpink42 | 2007-06-06 06:02 | meal