雑穀エキスパート   

皆様、ご無沙汰しています。
書きたい記事は山ほどあるんですが、
時間のやりくりがつかず、久々の更新です。

さて、昨日今日と私は雑穀エキスパートの講座を受けてきました。

雑穀エキスパート、なかなか聞きなれない方もいるかもしれませんね。
日本雑穀協会が主催する雑穀検定がありまして、
講座を受講して、その後試験を受け、合格すると
雑穀エキスパート→雑穀アドバイザー→雑穀クリエイターと認定されます。
私が受けたエキスパートが一番初級者向けです。

私の場合、マクロビオティックを通じて雑穀と出会ったたわけですが、
何せ雑穀が何なのか、例えばアワ・キビ・ヒエがどう違うのかとか
基本的なことからわからないことだらけなのでこれを機会に勉強してみました。

講義はすごく面白かったですね。
雑穀の歴史や文化、栄養学的な側面や各雑穀の特徴、加工の仕方など、
少し専門的な知識も入ってきて難しく感じる面もあったけれど
こちらの希望通り、体系的に雑穀とは何かを学ぶには良かったと思います。

ただ、気になる点がいくつか。

講義でいろいろな雑穀を並べて栄養素を比較するグラフがよく出てきました。
雑穀の栄養価の高さを知るには良い内容なのですが、
雑穀と比較されている対象が、精白米だったということ。

なんで玄米じゃないんだろう、って思ったんですが、
きっと玄米だと雑穀と同じように栄養価が高いので比較対象しにくいんでしょうね。
(現に私と同じ意見の人がいたようで、この点を質問していました。)
そして、日本雑穀協会が「雑穀」としているのが「主食以外の穀物」であり、
米は主食なんですね。そして「玄米・雑穀協会」ではないという立場も関係しているようです。

それから、この講座には講義と共に調理もあったのですが
(といっても私たちは調理のデモンストレーションを見て試食するだけ)、
その調理が私には衝撃的でした。

メニューは
・大豆と雑穀入りのごはん(米はもちろん白米)
・高キビ入りロールキャベツ
・きび入りドレッシングのサラダ

ごはんが白米だったのは、まあ仕方ないかなと思いましたが、
ロールキャベツのレシピを見てびっくり。
ソーセージ、卵が入っている!のでした。
炒めるときにはオリーブオイルにバターをプラス!
しかも煮込んでいくときに濃い目のチキンスープを入れている!
この段階で、すでに私にはバターのにおいがかなり苦しい。
それにキャベツはゆでずに電子レンジを使っていたりして、
??と思うこと多々あり。
そういえば試食時にはサワークリームまでトッピングされていたなあ・・・。

キビ入りドレッシングも気になったんですが、
なぜかサラダにツナ缶が・・・。

実は今回の講座には、たまたまKMAで一緒だった方も受講していたのですが、
この調理の最中、二人で顔を見合わせることしばしば。

結局、私はごはんだけ頂きました。

この調理、かなり残念だったなあと思います。
雑穀協会として雑穀の魅力を伝えたいなら、なんでロールキャベツにお肉を入れるんでしょう。
高きびだけのロールキャベツは現に作れるし、おいしいのに。
全体として雑穀が主役というより、脇役に回っている料理だった点が残念でした。

それに私はマクロな点からこのレシピはかなりつらいですが、
マクロじゃなくても、アトピーなどから雑穀に興味を持った方も受講しているはずで、
そういった方にも受けいれにくいレシピなんじゃないかと思いました。

雑穀協会としては、広く人々に雑穀を知ってもらいたいという立場なので
普段の料理に取り入れやすい形として
今回のようなレシピを紹介することを選んだのだと思うけれど、
人々を啓蒙していく立場としてストレートに雑穀の魅力を伝えることも
必要なんじゃないかと思いました。

講義と調理が終わり、最後に試験を受けてきました。
結果は2月にわかります。

↑のような私の意見は、お伝えするか迷いましたが、
試験後、協会の方に直接お話しました。
今後に活かされるといいなあと思います。
[PR]

# by shellpink42 | 2008-01-27 22:56 | macrobiotic

いのちの食べかた   

久々の更新です。
マクロビライフは元気に続いています。

さて、先日久々に映画を観に行ってきました。
といっても、ドキュメンタリー。
いのちの食べかた』です。

日々私たちが食している食べ物がどのように
作られているかを淡々と映像のみ(コメントや説明は一切なし)で綴っています。
(映像はとても美しいです。)

野菜の栽培・収穫風景はもちろんのこと、
魚、ひよこ、鶏、豚、牛の加工風景が流れます。
(加工と書いてしまっている時点で、
食べ物の工場生産に近いイメージを与えてしまいますが・・・。)

予想通り、ちょっと目を背けたくなる場面は多々あり。
特に動物たちの場面では。
でも食べ物を食べるっていうのは、
誰か他のいのちをいただいているわけで
目を背けてはいけないと思いました。

この映画は説明も何もないので
きっと見る人によって受ける印象・イメージは違うと思いますが、
私が思ったのは、私たちは日々いのちを食しているんだな、ということでした。

動物の加工風景は私にはかなり残酷に見えたけれど
でも植物にしても収穫する時点でそのいのちは絶えるわけで、
どちらもそのいのちの重さは同じはず、と気づきました。

まさしく私たちは、植物さん・動物さんのいのちをいただいているわけで、
そのいのちをいただくからには、
ありがたく、ありがたくいただかなくてはいけないなと思いました。

今は多くの人が、農業など食糧生産に関わらず、
一部の人々に任せているから、食糧生産の現実を知らないだけ、なんですよね。


さて、最近ほとんど動物性を口にしていない者として思ったのは
ここまでして私たちは動物たちを食べたいと思うのか、ということでした。

さすがに私の職場にはこの映画を見た人が何人かいて
感想を交換しましたが、その中でも印象的だったのが

「自分は野菜は収穫できる。だから食べてもいいかな。
卵の収穫や牛の乳搾りもどうにかできるかもしれない。
だからこれもときどきは食べてもいいかな。
でも鶏や豚や牛を自分で捕まえて、殺して、
その肉を切って解体するのはとうてい無理。
だから食べることはできないな。」という感想。

マクロの授業で、ヒトとしての食べ物についての話がありましたが
それを思い出しました。

皆さんはどう思われるのでしょうか。

ちなみにこの映画、たまに動物性を口にする主人も一緒に観に行きました。
主人曰く
「お肉を食べたいなら、
こういう現実を見ておいたほうがいいんじゃないかな」とのこと。

個人的にはこの映画についての
ベジやマクロでない方の感想がぜひ聞きたいところです。
まだ観ていない方はぜひ劇場へ。
そして感想をお寄せください。
[PR]

# by shellpink42 | 2007-12-10 15:30 | life in TYO

KMA 第5回   

先週のKMAのクラスは講義でした。

内容は望診。
これまでいろいろな本を読んできたので、
ある程度知っている話もありましたが、
やはり先生から直接聞いて、
皆で顔を見合ったりしていると、面白くてワクワクしてしまいました。

今回の講義で私は最近抱えていた疑問の一つが解けました。

最近私は体の右側に不調が多く出ていました。
実は最近というか以前からの不調なんですが・・・。

例えば、
・以前から右の鼻は風邪でもないのに通りが悪い。
・右足の動かし方に変な癖があり、以前バレエをしていたときには、
直すのに苦労した覚えあり。
・最近は魚を食べると、右ひざが痒くなる。
・ここ数日右ひざが痛い。
などなど・・・右に不調が集中していて、
どうしてかなと思っていたところでした。

ちなみに体の右というのは陰性で、
左側が陽性と以前習いました。

じゃあ、私は甘いものの摂りすぎかなあと思いつつ、
魚を食べると右足が痒くなるのはどうしてかなと思っていたのですが・・・。

今回の講義の話によると、
右に症状が出るのは、陽性過多。

体の右側は足元から地のエネルギー(陰性)を受けているのですが、
動物性食品や、塩気の多い食品など陽性のものを多く摂りすぎると
それが地のエネルギーの流れをブロックしてしまうのだそうです。
なので右側に不調として現れるのだとか。

これを聞いて「そうだったのかー!」といたく納得。
危うく陰陽の診断を間違えて、逆のことをやるところでした。

これを聞いてから、
プレスサラダやゆで野菜をいつもより多めにとるようにしたら、
とてもおいしく感じられ、右ひざの痛みは消えました。
私の体、ちょっと陽性に偏っていたんですね~。

ちなみに左に出る症状は陰性過多だそうです。

きっとこういう小さな体調不良って
マクロを知らなければ、やり過ごしてしまうところですが
マクロのおかげで、薬に頼ることなくある程度自分で不調が治せて
ほんとに素晴らしいなーと思ってしまいます。
望診は難しいですが、楽しいですね~☆
[PR]

# by shellpink42 | 2007-11-07 11:33 | macrobiotic

ハロウィンおはぎ   

f0134855_16192734.jpg











今日はハロウィン。

去年NYで迎えたハロウィンは
街中にあふれるおばけかぼちゃが珍しく、
張り切ってアパートに備え付けのオーブンで
パンプキンパイを焼いてみました。

さて、今の我が家にはオーブンがない。
ということで、今年のハロウィンは和菓子です。

レシピは先日KMAのクラスで習ったもの。
緑色のあんはかぼちゃの皮あん。

黄色いかぼちゃおはぎの中にも
緑色のかぼちゃの皮あんが入ってます。
[PR]

# by shellpink42 | 2007-10-31 16:24 | sweets

フィラデルフィア美術館展&旧古河庭園   

最近、土日も含めて不規則な働き方をしているのですが、
今日は久々の週末の休日。
主人とお出かけしました。

まず、上野で開かれているフィラデルフィア美術館展へ。

NYで美術館巡りをした甲斐があって
以前より絵画を見ることを楽しめるようになってきました。
NYの美術館にはない混雑ぶりに一瞬ぎょっとしましたが、まあいいか。

ときどき絵画を見たりする時間を持つっていいものです。

見終わった時間が早かったので、
少し足を伸ばして、旧古河庭園へ。
f0134855_2261240.jpg











現在、バラがちょうど見頃。
洋館の前にいろんな種類のバラが植えられていて
それはそれは見事。
ぽかぽか陽気の中、芝生ではジャズの生演奏も。

バラ園のほかに和風庭園もあり、
そちらも秋は紅葉、春はつつじが楽しめるそうです。

慌しいNY生活から帰ってきて、ようやく生活が落ち着いた生活に。
こういうのんびりした休日ってほんと久々。
のびのびゆったりの一日でした。
[PR]

# by shellpink42 | 2007-10-28 22:19 | life in TYO